第4章 外部 Ceph Storage クラスターとの統合の確認

オーバークラウドをデプロイしたら、Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) サービスが Red Hat Ceph Storage クラスターに書き込むことができることを確認します。

警告

RHOSP では、Ceph clone 形式 v2 以降の使用はサポートされません。Ceph clone 形式の v2 が有効な Ceph クラスターからイメージまたはボリュームを削除すると、予測できない動作が発生し、データが失われる可能性があります。そのため、Ceph クローンの形式 v2 を有効にする以下のいずれかの方法を使用しないでください。

  • rbd デフォルトクローン形式の設定 = 2
  • ceph osd set-require-min-compat-client mimic の実行

4.1. ID の収集

Red Hat Ceph Storage クラスターが統合されていることを確認するには、まずイメージ、コンピュートインスタンス、およびボリュームを作成し、それぞれの ID を収集する必要があります。

手順

  1. Image サービス (glance) でイメージを作成します。

    イメージの作成方法についての詳細は、『Creating and Managing Images』「Import an image」を参照してください。

  2. 後で使用できるようにイメージ ID を記録します。
  3. Compute (nova) インスタンスを作成します。

    インスタンスの作成方法についての詳細は、『インスタンスの作成および管理』の「 インスタンスの作成 」を参照してください

  4. 後で使用できるようにインスタンス ID を記録します。
  5. Block Storage (cinder) ボリュームを作成します。

    Block Storage ボリュームの作成方法についての詳細は、『Storage Guide』「Create a volume」を参照してください。

  6. 後で使用できるようにボリューム ID を記録します。