1.10. OpenStack Identity と外部のユーザー管理サービスの統合のテスト

OpenStack Identity (keystone) と Active Directory Domain Service (AD DS) が正常に統合されていることをテストするには、Dashboard 機能へのユーザーアクセスをテストします。

前提条件

  • Active Directory (AD) または Red Hat Identity Manager (IdM) などの外部のユーザー管理サービスとの統合

Procedure

  1. 外部のユーザー管理サービスにテストユーザーを作成し、そのユーザーを grp-openstack グループに追加します。
  2. Red Hat OpenStack Platform で、demo プロジェクトの _member_ ロールにユーザーを追加します。
  3. AD テストユーザーの認証情報を使用して Dashboard にログインします。
  4. 各タブをクリックし、エラーメッセージなしに正常に表示されているかどうかを確認します。
  5. Dashboard を使用してテストインスタンスをビルドします。
注記

これらの手順で問題が発生した場合は、admin アカウントを使用して Dashboard にログインし、そのユーザーとして後続の手順を実施します。テストが成功した場合、OpenStack が予想通りに機能していること、および OpenStack Identity と Active Directory との統合設定のどこかに問題が存在することを意味します。