2.2.3. オーバークラウドの DNS サーバーとしての Red Hat Identity Manager (IdM) の設定

IdM 環境を自動検出して、簡単に登録できるようにするには、IdM を DNS サーバーとして設定します。この手順はオプションですが、推奨されます。

手順

  1. アンダークラウドに接続します。

    $ source ~/stackrc
  2. DNS ネームサーバーとして IdM を使用するようにコントロールプレーンサブネットを設定します。

    $ openstack subnet set ctlplane-subnet --dns-nameserver  <idm_server_address>
  3. IdM サーバーを使用するように環境ファイルの DnsServers パラメーターを設定します。

    parameter_defaults:
      DnsServers: ["<idm_server_address>"]

    このパラメーターは、通常カスタムの network-environment.yaml ファイルで定義されます。