1.3. ドメイン固有の LDAP バックエンドを使用する director の設定

director が 1 つ以上の LDAP バックエンドを使用するように設定するには、heat テンプレートで KeystoneLDAPDomainEnable フラグを true に設定し、各 LDAP バックエンドに関する情報が含まれる環境ファイルを設定します。次に、director は keystone ドメインごとに別の LDAP バックエンドを使用します。

注記

ドメイン設定ファイルのデフォルトのディレクトリーは /etc/keystone/domains/ に設定されています。keystone::domain_config_directory hiera キーを使用して環境ファイル内に ExtraConfig パラメーターを追加して必要なパスを設定することによってオーバーライドすることができます。

Procedure

  1. デプロイメントの heat テンプレートで、KeystoneLDAPDomainEnable フラグを true に設定します。これにより、identity 設定グループ内の keystone に domain_specific_drivers_enabled オプションが設定されます。
  2. tripleo-heat-templatesKeystoneLDAPBackendConfigs パラメーターを設定して、LDAP バックエンド設定の仕様を追加します。その後、必要な LDAP オプションを指定できます。
  3. keystone_domain_specific_ldap_backend.yaml 環境ファイルのコピーを作成します。

    $ cp /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/services/keystone_domain_specific_ldap_backend.yaml /home/stack/templates/
  4. /home/stack/templates/keystone_domain_specific_ldap_backend.yaml 環境ファイルを編集して、デプロイメントに適した値を設定します。たとえば、以下のパラメーターは、testdomain という名前の keystone ドメイン向けの LDAP 設定を作成します。

        parameter_defaults:
          KeystoneLDAPDomainEnable: true
          KeystoneLDAPBackendConfigs:
            testdomain:
              url: ldaps://192.0.2.250
              user: cn=openstack,ou=Users,dc=director,dc=example,dc=com
              password: RedactedComplexPassword
              suffix: dc=director,dc=example,dc=com
              user_tree_dn: ou=Users,dc=director,dc=example,dc=com
              user_filter: "(memberOf=cn=OSuser,ou=Groups,dc=director,dc=example,dc=com)"
              user_objectclass: person
              user_id_attribute: cn
  5. (オプション) 環境ファイルにドメインをさらに追加します。以下に例を示します。

        KeystoneLDAPBackendConfigs:
          domain1:
            url: ldaps://domain1.example.com
            user: cn=openstack,ou=Users,dc=director,dc=example,dc=com
            password: RedactedComplexPassword
            ...
          domain2:
            url: ldaps://domain2.example.com
            user: cn=openstack,ou=Users,dc=director,dc=example,dc=com
            password: RedactedComplexPassword
            ...

    これにより、domain1domain2 という名前の 2 つのドメインが指定され、各ドメインには、異なる LDAP ドメインが独自の設定で適用されます。