1.5. 外部ロードバランサーを使用するオーバークラウドのデプロイ

外部のロードバランサーを使用するオーバークラウドをデプロイするには、外部ロードバランサー用の追加の環境ファイルおよび設定ファイルを指定して、openstack overcloud deploy を実行します。

前提条件

手順

  1. 外部ロードバランサー用のすべての環境ファイルおよび設定ファイルと共にオーバークラウドをデプロイします。

    $ openstack overcloud deploy --templates /
      -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/network-isolation.yaml /
      -e ~/network-environment.yaml /
      -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/external-loadbalancer-vip.yaml /
      -e ~/external-lb.yaml --control-scale 3 --compute-scale 1 --control-flavor control --compute-flavor compute /
      -e <SSL/TLS endpoint environment file> /
      -e <DNS hostname environment file> /
      -e <root certificate injection environment file> /
      -e <additional_options_if_needed>

    山かっこ <> 内の値を、実際の環境用に定義したファイルパスに置き換えます。

    重要

    この例に記載されている順序で、ネットワーク環境ファイルをコマンドに追加する必要があります。

    このコマンドには、以下の環境ファイルが含まれます。

    • network-isolation.yaml: ネットワーク分離設定ファイル
    • network-environment.yaml: ネットワーク設定ファイル。
    • external-loadbalancer-vip.yaml: 外部負荷分散仮想 IP アドレス設定ファイル
    • external-lb.yaml: 外部ロードバランサー設定ファイル。このファイルに以下のオプションを設定して、実際の環境用に値を調整することもできます。

      • --control-scale 3: コントローラーノードを 3 つにスケーリングします。
      • --compute-scale 3: コンピュートノードを 3 つにスケーリングします。
      • --control-flavor control: コントローラーノードに特定のフレーバーを使用します。
      • --compute-flavor compute: コンピュートノードに特定のフレーバーを使用します。
    • SSL/TLS 環境ファイル:

      • SSL/TLS endpoint environment file: パブリックエンドポイントへの接続方法を定義する環境ファイル。tls-endpoints-public-dns.yaml または tls-endpoints-public-ip.yaml を使用します。
      • (オプション) DNS hostname environment file: DNS ホスト名を設定するための環境ファイル。
      • Root certificate injection environment file: ルート認証局を挿入するための環境ファイル。

    オーバークラウドのデプロイメントプロセス中に、Red Hat OpenStack Platform director によりノードがプロビジョニングされます。このプロセスは完了するまで多少時間がかかります。

  2. オーバークラウドのデプロイメントステータスを確認するには、以下のコマンドを入力します。

    $ source ~/stackrc
    $ openstack stack list --nested