2.8. アンダークラウドのリポジトリー

RHOSP (RHOSP) 16.2 は Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 8.4 上で動作します。そのため、これらのリポジトリーからのコンテンツをそれぞれの RHEL バージョンにロックする必要があります。

注記
  • リポジトリーを Red Hat Satellite を使用して同期する場合は、特定バージョンの RHEL リポジトリーを有効にできます。ただし、選択したバージョンに関係なく、リポジトリーラベルは同じままです。たとえば、BaseOS リポジトリーの 8.4 バージョンを有効にした場合、リポジトリー名には有効にした特定のバージョンが含まれますが、リポジトリーラベルは依然として rhel-8-for-x86_64-baseos-eus-rpms です。
  • advanced-virt-for-rhel-8-x86_64-rpms リポジトリーおよび advanced-virt-for-rhel-8-x86_64-eus-rpms リポジトリーは不要になりました。アップグレード前にこれらのリポジトリーを無効にするには、Red Hat ナレッジベースのソリューション advanced-virt-for-rhel-8-x86_64-rpms are no longer required in OSP 16.2 を参照してください。
警告

ここで指定する以外のリポジトリーは、サポートされません。別途推奨されない限り、以下の表に記載されている以外の製品またはリポジトリーを有効にしないでください。有効にすると、パッケージの依存関係の問題が発生する可能性があります。Extra Packages for Enterprise Linux (EPEL) を有効にしないでください。

コアリポジトリー

以下の表には、アンダークラウドをインストールするためのコアリポジトリーをまとめています。

名前リポジトリー要件の説明

Red Hat Enterprise Linux 8 for x86_64 - BaseOS (RPMs) Extended Update Support (EUS)

rhel-8-for-x86_64-baseos-eus-rpms

x86_64 システム用ベースオペレーティングシステムのリポジトリー

Red Hat Enterprise Linux 8 for x86_64 - AppStream (RPMs)

rhel-8-for-x86_64-appstream-eus-rpms

RHOSP の依存関係が含まれます。

Red Hat Enterprise Linux 8 for x86_64 - High Availability (RPMs) Extended Update Support (EUS)

rhel-8-for-x86_64-highavailability-eus-rpms

RHEL の高可用性ツール。コントローラーノードの高可用性に使用します。

Red Hat Ansible Engine 2.9 for RHEL 8 x86_64 (RPMs)

ansible-2.9-for-rhel-8-x86_64-rpms

RHEL 用の Ansible Engine最新バージョンの Ansible を提供するために使用されます。

RHOSP 16.2 for RHEL 8 (RPMs)

openstack-16.2-for-rhel-8-x86_64-rpms

RHOSP director のパッケージが含まれるコア RHOSP リポジトリー。

Red Hat Fast Datapath for RHEL 8 (RPMS)

fast-datapath-for-rhel-8-x86_64-rpms

OpenStack Platform 用 Open vSwitch (OVS) パッケージを提供します。

Ceph リポジトリー

以下の表には、アンダークラウド用の Ceph Storage 関連のリポジトリーをまとめています。

名前リポジトリー要件の説明

Red Hat Ceph Storage Tools 4 for RHEL 8 x86_64 (RPMs)

rhceph-4-tools-for-rhel-8-x86_64-rpms

Ceph Storage クラスターと通信するためのノード用のツールを提供します。オーバークラウドで Ceph Storage を使用する場合、または既存の Ceph Storage クラスターと統合する場合、アンダークラウドにはこのリポジトリーからの ceph-ansible パッケージが必要です。

IBM POWER 用リポジトリー

次の表には、POWER PC アーキテクチャー上の RHOSP のリポジトリーのリストが含まれています。コアリポジトリーの該当リポジトリーの代わりに、これらのリポジトリーを使用してください。

名前リポジトリー要件の説明

Red Hat Enterprise Linux for IBM Power, little endian - BaseOS (RPMs)

rhel-8-for-ppc64le-baseos-rpms

ppc64le システム用ベースオペレーティングシステムのリポジトリー

Red Hat Enterprise Linux 8 for IBM Power, little endian - AppStream (RPMs)

rhel-8-for-ppc64le-appstream-rpms

RHOSP の依存関係が含まれます。

Red Hat Enterprise Linux 8 for IBM Power, little endian - High Availability (RPMs)

rhel-8-for-ppc64le-highavailability-rpms

RHEL の高可用性ツール。コントローラーノードの高可用性に使用します。

Red Hat Fast Datapath for RHEL 8 IBM Power, little endian (RPMS)

fast-datapath-for-rhel-8-ppc64le-rpms

OpenStack Platform 用 Open vSwitch (OVS) パッケージを提供します。

Red Hat Ansible Engine 2.9 for RHEL 8 IBM Power, little endian (RPMs)

ansible-2.9-for-rhel-8-ppc64le-rpms

RHEL 用の Ansible Engine最新バージョンの Ansible を提供します。

Red Hat OpenStack Platform 16.2 for RHEL 8 (RPMs)

openstack-16.2-for-rhel-8-ppc64le-rpms

ppc64le システム用のコア RHOSP リポジトリー。