28.4. オーバークラウドの作成およびデプロイメントに関するトラブルシューティング

オーバークラウドの初回作成は、OpenStack Orchestration (heat) サービスにより実行されます。オーバークラウドのデプロイメントに失敗した場合には、OpenStack クライアントおよびサービスログファイルを使用して、失敗したデプロイメントの診断を行います。

手順

  1. stackrc ファイルを取得します。

    $ source ~/stackrc
  2. デプロイメントのエラー発生ステップ確認コマンドを実行します。

    $ openstack overcloud failures
  3. 以下のコマンドを実行して、エラーの詳細を表示します。

    (undercloud) $ openstack stack failures list <OVERCLOUD_NAME> --long
    • <OVERCLOUD_NAME> を実際のオーバークラウドの名前に置き換えてください。
  4. 以下のコマンドを実行し、エラーが発生したスタックを特定します。

    (undercloud) $ openstack stack list --nested --property status=FAILED