15.6. 検証フレームワークのログ出力形式

検証フレームワークのデフォルト動作では、検証ログを JSON 形式で保存します。ログの出力は、ANSIBLE_STDOUT_CALLBACK 環境変数を使用して変更できます。

検証の出力ログ形式を変更するには、検証を実行し、--extra-env-vars ANSIBLE_STDOUT_CALLBACK=<callback> オプションを追加します。

$ openstack tripleo validator run --extra-env-vars ANSIBLE_STDOUT_CALLBACK=<callback> --validation check-ram
  • <callback> を Ansible 出力コールバックに置き換えます。標準的な Ansible 出力コールバックのリストを表示するには、以下のコマンドを実行します。
$ ansible-doc -t callback -l

検証フレームワークには、以下の追加のコールバックが含まれます。

validation_json
フレームワークは、JSON 形式の検証結果をログファイルとして /var/logs/validations に保存します。これは、検証フレームワークのデフォルトコールバックです。
validation_stdout
フレームワークは、画面に JSON 形式の検証結果を表示します。
http_json

フレームワークは、JSON 形式の検証結果を外部ロギングサーバーに送信します。このコールバック用に、追加の環境変数も追加する必要があります。

HTTP_JSON_SERVER
外部サーバーの URL
HTTP_JSON_PORT
外部サーバーの API エントリーポイントのポート。デフォルトポートは 8989 です。

追加の --extra-env-vars オプションを使用して、これらの環境変数を設定します。

$ openstack tripleo validator run --extra-env-vars ANSIBLE_STDOUT_CALLBACK=http_json \
    --extra-env-vars HTTP_JSON_SERVER=http://logserver.example.com \
    --extra-env-vars HTTP_JSON_PORT=8989 \
    --validation check-ram
重要

http_json コールバックを使用する前に、ansible.cfg ファイルの callback_whitelist パラメーターに http_json を追加する必要があります。

callback_whitelist = http_json