30.7. 手動管理ドライバー

電源管理を持たないベアメタルデバイスを制御するには、manual-management ドライバーを使用します。director は登録されたベアメタルデバイスを制御しないので、イントロスペクションおよびデプロイメントの特定の時点で、手動で電源管理操作を実施する必要があります。

重要

このオプションは、テストおよび評価の目的でのみ利用することができます。Red Hat OpenStack Platform のエンタープライズ環境には推奨していません。

pm_type

このオプションを manual-management に設定します。

  • このドライバーは、電源管理を制御しないので、認証情報は使用しません。
  • このドライバーを有効にするには、undercloud.confenabled_hardware_types オプションに manual-management を追加してから、openstack undercloud install コマンドを再実行します。
  • instackenv.json ノードインベントリーファイルで、手動で管理するノードの pm_typemanual-management に設定します。

イントロスペクション

  • ノードのイントロスペクションを実行する際には、openstack overcloud node introspect コマンドを実行した後に手動でノードを起動します。ノードが PXE を介して起動することを確認します。
  • ノードクリーニングを有効にしている場合は、openstack baremetal node list コマンドを実行した際に Introspection completed メッセージが表示され、各ノードの状態が clean wait になった後、手動でノードを再起動するようにしてください。ノードが PXE を介して起動することを確認します。
  • イントロスペクションとクリーニングのプロセスが完了したら、ノードをシャットダウンします。

Deployment

  • オーバークラウドデプロイメントを実行する場合は、openstack baremetal node list コマンドを使用してノードのステータスを確認してください。ノードのステータスが deploying から wait call-back に変わるまで待ってから、ノードを手動で開始します。ノードが PXE を介して起動することを確認します。
  • オーバークラウドプロビジョニングプロセスが完了すると、ノードはシャットダウンします。設定プロセスを開始するには、ディスクからノードを起動する必要があります。プロビジョニングの完了を確認するには、openstack baremetal node list コマンドを使用してノードのステータスを確認し、ノードのステータスが各ノードで active に変わるまで待ちます。ノードステータスが active な場合、プロビジョニングされたオーバークラウドノードを手動で起動します。