8.6. ベアメタルノードプロビジョニングの属性

以下の表で、openstack baremetal node provision コマンドでベアメタルノードをプロビジョニングする際に使用できるパラメーター、属性、および値について説明します。

表8.1 ロールパラメーター

パラメーター

name

ロール名 (必須)

count

このロール用にプロビジョニングするノード数。デフォルト値は 1 です。

defaults

instances エントリープロパティーのデフォルト値のディクショナリー。instances エントリーのプロパティーは、defaults パラメーターで指定したデフォルトを上書きします。

instances

特定のノードの属性を指定するために使用可能な値のディクショナリー。instances パラメーターでサポートされるプロパティーについての詳しい情報は、 表8.2「instances および defaults パラメーター」 を参照してください。このリストの長さは、count パラメーターの値よりも大きくすることはできません。

hostname_format

このロールのデフォルトのホスト名形式を上書きします。デフォルトの形式では、小文字のロール名を使用します。たとえば、Controller ロールのデフォルト形式は、%stackname%-controller-%index% です。Compute ロールだけは、ロール名のルールに従いません。Compute のデフォルトの形式は、%stackname%-novacompute-%index% です。

構文の例

以下の例では、name はノードの論理名を指し、hostname は、オーバークラウドスタック名、ロール、および増分インデックスから派生して生成されたホスト名を指します。すべてのコントローラーサーバーは、デフォルトのカスタムイメージ overcloud-full-custom を使用し、予測可能なノード上にあります。コンピュートサーバーの 1 つは、カスタムホスト名 overcloud-compute-specialnode04 上に予測的に配置され、残りの 99 のコンピュートサーバーは、使用可能なノードのプールから自動的に割り当てられるノード上にあります。

- name: Controller
  count: 3
  defaults:
    image:
      href: file:///var/lib/ironic/images/overcloud-full-custom.qcow2
  instances:
  - hostname: overcloud-controller-0
    name: node00
  - hostname: overcloud-controller-1
    name: node01
  - hostname: overcloud-controller-2
    name: node02
- name: Compute
  count: 100
  instances:
  - hostname: overcloud-compute-special
    name: node04

表8.2 instances および defaults パラメーター

パラメーター

hostname

ホスト名が hostname_format のパターンに適合する場合、他のプロパティーがこのホスト名に割り当てられたノードに適用されます。そうでない場合は、このノードにカスタムのホスト名を使用できます。

name

プロビジョニングするノードの名前

image

ノードにプロビジョニングするイメージの詳細。image パラメーターでサポートされるプロパティーについての詳しい情報は、表8.3「image パラメーター」 を参照してください。

capabilities

ノードのケイパビリティーを照合する際の選択基準

nics

要求された NIC を表すディクショナリーのリスト。nics パラメーターでサポートされるプロパティーについての詳しい情報は、表8.4「nic パラメーター」 を参照してください。

profile

高度なプロファイルマッチングを使用する際の選択基準

provisioned

このノードがプロビジョニングされているかどうかを判断するブール値。デフォルト値は true です。プロビジョニングされていないノードには false を使用します。詳細は、Scaling down bare metal nodes を参照してください。

resource_class

ノードのリソースクラスを照合する際の選択基準。デフォルト値は baremetal です。

root_size_gb

ルートパーティションのサイズ (GiB 単位)。デフォルト値は 49 です。

swap_size_mb

スワップパーティションのサイズ (MiB 単位)

traits

ノード特性を照合する際の選択基準としての特性のリスト

構文の例

以下の例では、すべてのコントローラーサーバーでカスタムのデフォルトオーバークラウドイメージ overcloud-full-custom が使用されます。コントローラーサーバー overcloud-controller-0node00 上に予測的に配置され、カスタム設定のルートパーティションおよびスワップパーティションサイズを持ちます。他の 2 つのコントローラーサーバーは、利用可能なノードのプールから自動的に割り当てられるノード上にあり、デフォルト設定のルートパーティションおよびスワップパーティションサイズを持ちます。

- name: Controller
  count: 3
  defaults:
    image:
      href: file:///var/lib/ironic/images/overcloud-full-custom.qcow2
  instances:
  - hostname: overcloud-controller-0
    name: node00
    root_size_gb: 140
    swap_size_mb: 600

表8.3 image パラメーター

パラメーター

href

glance イメージの参照、またはルートパーティションもしくは完全なディスクイメージの URL。サポートされる URL スキームは、file://http://、および https:// です。値が有効な URL ではない場合、この値は有効な glance イメージの参照でなければなりません。

checksum

href が URL の場合、この値はルートパーティションまたは完全なディスクイメージの SHA512 チェックサムでなければなりません。

kernel

glance イメージの参照またはカーネルイメージの URL。パーティションイメージに対してのみ、この属性を使用します。

ramdisk

glance イメージの参照または ramdisk イメージの URL。パーティションイメージに対してのみ、この属性を使用します。

構文の例

以下の例では、3 つのコントローラーサーバーは、すべて利用可能なノードのプールから自動的に割り当てられるノード上にあります。この環境の全コントローラーサーバーは、デフォルトのカスタムイメージ overcloud-full-custom を使用します。

- name: Controller
  count: 3
  defaults:
    image:
      href: file:///var/lib/ironic/images/overcloud-full-custom.qcow2
      checksum: 1582054665
      kernel: file:///var/lib/ironic/images/overcloud-full-custom.vmlinuz
      ramdisk: file:///var/lib/ironic/images/overcloud-full-custom.initrd

表8.4 nic パラメーター

パラメーター

fixed_ip

この NIC に使用する特定の IP アドレス

network

この NIC のポートを作成する neutron ネットワーク

subnet

この NIC のポートを作成する neutron サブネット

port

新しいポートを作成する代わりに使用する既存の neutron ポート

構文の例

以下の例では、3 つのコントローラーサーバーは、すべて利用可能なノードのプールから自動的に割り当てられるノード上にあります。この環境の全コントローラーサーバーは、デフォルトのカスタムイメージ overcloud-full-custom を使用します。また、特定のネットワーク要件を持ちます。

- name: Controller
  count: 3
  defaults:
    image:
      href: file:///var/lib/ironic/images/overcloud-full-custom.qcow2
      nics:
        network: custom-network
        subnet: custom-subnet