7.4. ブートモードを UEFI モードに設定する

デフォルトのブートモードはレガシー BIOS モードです。レガシー BIOS ブートモードの代わりに UEFI ブートモードを使用するように RHOSP デプロイメントのノードを設定できます。

警告

一部のハードウェアは、レガシー BIOS ブートモードをサポートしていません。レガシー BIOS ブートモードをサポートしていないハードウェアでレガシー BIOS ブートモードを使用しようとすると、デプロイメントが失敗する可能性があります。ハードウェアが正常にデプロイされるようにするには、UEFI ブートモードを使用します。

注記

UEFI ブートモードを有効にする場合は、ユーザーイメージとともに、パーティションレイアウトとブートローダーを含む独自のディスク全体のイメージを構築する必要があります。全ディスクイメージの作成の詳細については、Creating whole-disk images を参照してください。

手順

  1. undercloud.conf ファイルで以下のパラメーターを設定します。

    ipxe_enabled = True
  2. undercloud.conf ファイルを保存して、アンダークラウドのインストールを実行します。

    $ openstack undercloud install

    インストールスクリプトが完了するまで待ちます。

  3. 登録された各ノードの既存の機能を確認します。

    $ openstack baremetal node show <node> -f json -c properties | jq -r .properties.capabilities
    • <node> をベアメタルノードの ID に置き換えてください。
  4. ノードの既存の機能に boot_mode:uefi を追加して、登録されている各ノードのブートモードを uefi に設定します。

    $ openstack baremetal node set --property capabilities="boot_mode:uefi,<capability_1>,...,<capability_n>" <node>
    • <node> をベアメタルノードの ID に置き換えてください。
    • <capability_1> および <capability_n> までのすべての機能を、手順 3 で取得した各機能に置き換えます。

      たとえば、次のコマンドを使用して、ローカルブートでブートモードを uefi に設定します。

    $ openstack baremetal node set --property capabilities="boot_mode:uefi,boot_option:local" <node>
  5. ベアメタルフレーバーごとに、ブートモードを uefi に設定します。

    $ openstack flavor set --property capabilities:boot_mode='uefi' <flavor>