12.4. オーバークラウドへの仮想マシンのインポート

既存の OpenStack 環境からご自分の Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) 環境に仮想マシンを移行することができます。

手順

  1. 既存の OpenStack 環境において、実行中のサーバーのスナップショットを作成して新規イメージを作成し、そのイメージをダウンロードします。

    $ openstack server image create instance_name --name image_name
    $ openstack image save image_name --file exported_vm.qcow2
  2. エクスポートしたイメージをアンダークラウドノードにコピーします。

    $ scp exported_vm.qcow2 stack@192.168.0.2:~/.
  3. アンダークラウドに stack ユーザーとしてログインします。
  4. source コマンドで overcloudrc ファイルを読み込みます。

    $ source ~/overcloudrc
  5. エクスポートしたイメージをオーバークラウドにアップロードします。

    (overcloud) $ openstack image create imported_image --file exported_vm.qcow2 --disk-format qcow2 --container-format bare
  6. 新規インスタンスを起動します。

    (overcloud) $ openstack server create  imported_instance --key-name default --flavor m1.demo --image imported_image --nic net-id=net_id
重要

これらのコマンドにより、各仮想マシンのディスクが既存の OpenStack 環境から新たな Red Hat OpenStack Platform にコピーされます。QCOW スナップショットでは、元の階層化システムが失われます。

このプロファイルにより、コンピュートノードからすべてのインスタンスが移行されます。インスタンスのダウンタイムなしにノードでメンテナンスを実行できるようになります。コンピュートノードを有効な状態に戻すには、以下のコマンドを実行します。

$ source ~/overcloudrc
(overcloud) $ openstack compute service set [hostname] nova-compute --enable