3.3. アンダークラウド用リポジトリーの有効化

アンダークラウドに必要なリポジトリーを有効にし、システムパッケージを最新バージョンに更新します。

手順

  1. アンダークラウドに stack ユーザーとしてログインします。
  2. デフォルトのリポジトリーをすべて無効にしてから、必要な Red Hat Enterprise Linux リポジトリーを有効にします。

    [stack@director ~]$ sudo subscription-manager repos --disable=*
    [stack@director ~]$ sudo subscription-manager repos \
    --enable=rhel-8-for-x86_64-baseos-tus-rpms \
    --enable=rhel-8-for-x86_64-appstream-tus-rpms \
    --enable=rhel-8-for-x86_64-highavailability-tus-rpms \
    --enable=ansible-2.9-for-rhel-8-x86_64-rpms \
    --enable=openstack-16.2-for-rhel-8-x86_64-rpms \
    --enable=fast-datapath-for-rhel-8-x86_64-rpms

    これらのリポジトリーには、director のインストールに必要なパッケージが含まれます。

  3. container-tools リポジトリーモジュールをバージョン 3.0 に設定します。

    [stack@director ~]$ sudo dnf module reset container-tools
    [stack@director ~]$ sudo dnf module enable -y container-tools:3.0
  4. システムで更新を実行して、ベースシステムパッケージを最新の状態にします。

    [stack@director ~]$ sudo dnf update -y
    [stack@director ~]$ sudo reboot