24.5. ディスクイメージの環境変数

ディスクイメージのビルドプロセスとして、director にはベースイメージと、新規オーバークラウドイメージのパッケージを取得するための登録情報が必要です。これらの属性は、以下に示す Linux の環境変数を使用して定義します。

注記

イメージのビルドプロセスにより、イメージは一時的に Red Hat サブスクリプションに登録され、イメージのビルドプロセスが完了するとシステムの登録が解除されます。

ディスクイメージをビルドするには、Linux の環境変数をお使いの環境と要件に応じて設定します。

DIB_LOCAL_IMAGE
完全なディスクイメージのベースに使用するローカルイメージを設定します。
REG_ACTIVATION_KEY
登録プロセスにおいて、ログイン情報の代わりにアクティベーションキーを使用します。
REG_AUTO_ATTACH
最も互換性のあるサブスクリプションを自動的にアタッチするかどうかを定義します。
REG_BASE_URL
イメージのパッケージが含まれるコンテンツ配信サーバーのベース URL。カスタマーポータル Subscription Management のデフォルトプロセスでは https://cdn.redhat.com を使用します。Red Hat Satellite 6 サーバーを使用している場合は、このパラメーターをお使いの Satellite サーバーのベース URL に設定します。
REG_ENVIRONMENT
組織内の環境に登録します。
REG_METHOD
登録の方法を設定します。Red Hat カスタマーポータルに登録するには portal を使用します。Red Hat Satellite 6 で登録するには、satellite を使用します。
REG_ORG
イメージを登録する組織
REG_POOL_ID
製品のサブスクリプション情報のプール ID
REG_PASSWORD
イメージを登録するユーザーアカウントのパスワードを設定します。
REG_RELEASE
Red Hat Enterprise Linux のマイナーリリースバージョンを設定します。REG_AUTO_ATTACH または REG_POOL_ID 環境変数でこれを使用する必要があります。
REG_REPOS

リポジトリー名のコンマ区切り文字列。この文字列の各リポジトリーは subscription-manager で有効化されます。

以下に示すセキュリティーが強化された完全なディスクイメージのリポジトリーを使用します。

  • rhel-8-for-x86_64-baseos-eus-rpms
  • rhel-8-for-x86_64-appstream-eus-rpms
  • rhel-8-for-x86_64-highavailability-eus-rpms
  • ansible-2.9-for-rhel-8-x86_64-rpms
  • fast-datapath-for-rhel-8-x86_64-rpms
  • openstack-16.2-for-rhel-8-x86_64-rpms
REG_SAT_URL
オーバークラウドノードを登録する Satellite サーバーのベース URL。このパラメーターには、HTTPS URL ではなく、Satellite の HTTP URL を使用します。たとえば、https://satellite.example.com ではなく http://satellite.example.com を使用します。
REG_SERVER_URL
使用するサブスクリプションサービスのホスト名を設定します。Red Hat カスタマーポータルの場合、デフォルトホスト名は subscription.rhn.redhat.com です。Red Hat Satellite 6 サーバーを使用している場合は、このパラメーターをお使いの Satellite サーバーのホスト名に設定します。
REG_USER
イメージを登録するアカウントのユーザー名を設定します。

環境変数のセットをエクスポートし、ローカルの QCOW2 イメージを一時的に Red Hat カスタマーポータルに登録するには、以下の例に示すコマンドのセットを使用します。

$ export DIB_LOCAL_IMAGE=./rhel-8.4-x86_64-kvm.qcow2
$ export REG_METHOD=portal
$ export REG_USER=<your_name>
$ export REG_PASSWORD=<your_password>
$ export REG_RELEASE="8.4"
$ export REG_POOL_ID=<pool_id>
$ export REG_REPOS="rhel-8-for-x86_64-baseos-eus-rpms \
    rhel-8-for-x86_64-appstream-eus-rpms \
    rhel-8-for-x86_64-highavailability-eus-rpms \
    ansible-2.9-for-rhel-8-x86_64-rpms \
    fast-datapath-for-rhel-8-x86_64-rpms \
    openstack-16.2-for-rhel-8-x86_64-rpms"