9.9. 事前にプロビジョニングされたノードを使用したオーバークラウドの作成

オーバークラウドのデプロイメントには、「デプロイメントコマンド」に記載された標準の CLI の方法を使用します。事前にプロビジョニングされたノードの場合は、デプロイメントコマンドに追加のオプションと、コア heat テンプレートコレクションからの環境ファイルが必要です。

  • --disable-validations: このオプションを使用して、事前にプロビジョニングされたインフラストラクチャーで使用しないサービスに対する基本的な CLI 検証を無効にします。これらの検証を無効にしないと、デプロイメントに失敗します。
  • environments/deployed-server-environment.yaml: 事前にプロビジョニングされたインフラストラクチャーを作成、設定するには、この環境ファイルを追加します。この環境ファイルは、OS::Nova::Server リソースを OS::Heat::DeployedServer リソースに置き換えます。

以下のコマンドは、事前にプロビジョニングされたアーキテクチャー固有の環境ファイルを使用したオーバークラウドデプロイメントコマンドの例です。

$ source ~/stackrc
(undercloud) $ openstack overcloud deploy \
  --disable-validations \
  -e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/deployed-server-environment.yaml \
  -e /home/stack/templates/hostname-map.yaml \
  --overcloud-ssh-user stack \
  --overcloud-ssh-key ~/.ssh/id_rsa \
  <OTHER OPTIONS>

--overcloud-ssh-user および --overcloud-ssh-key オプションは、設定ステージ中に各オーバークラウドノードに SSH 接続して、初期 tripleo-admin ユーザーを作成し、SSH キーを /home/tripleo-admin/.ssh/authorized_keys に挿入するのに使用します。SSH キーを挿入するには、--overcloud-ssh-user および --overcloud-ssh-key (~/.ssh/id_rsa がデフォルト) を使用して、初回 SSH 接続用の認証情報を指定します。--overcloud-ssh-key オプションで指定する秘密鍵の公開を制限するために、director は heat や Workflow サービス (mistral) などのどの API サービスにもこの鍵を渡さず、director の openstack overcloud deploy コマンドだけがこの鍵を使用して tripleo-admin ユーザーのアクセスを有効化します。