第1章 director の概要

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) director は、完全な RHOSP 環境のインストールおよび管理を行うためのツールセットです。director は、主に OpenStack プロジェクト TripleO をベースとしています。director により、完全に機能するスリムで堅牢な RHOSP 環境をインストールすることができます。この環境を使用して、OpenStack ノードして使用するベアメタルシステムのプロビジョニングおよび制御を行うことができます。

director は、アンダークラウドとオーバークラウドという 2 つの主要な概念を採用しています。まずアンダークラウドをインストールし、続いてアンダークラウドをツールとして使用してオーバークラウドをインストールおよび設定します。

Basic Layout of undercloud and overcloud

1.1. アンダークラウドを理解する

アンダークラウドは、Red Hat OpenStack Platform director ツールセットが含まれる主要管理ノードです。OpenStack をインストールした単一システムで、OpenStack 環境 (オーバークラウド) を設定する OpenStack ノードをプロビジョニング/管理するためのコンポーネントが含まれます。アンダークラウドを設定するコンポーネントは、さまざまな機能を持ちます。

環境のプランニング
アンダークラウドには、特定のノードロールを作成して割り当てるのに使用できるプランニング機能が含まれます。アンダークラウドには、Compute、Controller、さまざまな Storage ロールなど、特定のノードに割り当てることのできるデフォルトのノードロールセットが含まれます。また、カスタムロールを設定することもできます。さらに、各ノードロールにどの Red Hat OpenStack Platform サービスを含めるかを選択でき、新しいノード種別をモデル化するか、独自のホストで特定のコンポーネントを分離する方法を提供します。
ベアメタルシステムの制御
アンダークラウドは、各ノードの帯域外管理インターフェイス (通常 Intelligent Platform Management Interface (IPMI)) を使用して電源管理機能を制御し、PXE ベースのサービスを使用してハードウェア属性を検出し、各ノードに OpenStack をインストールします。この機能を使用して、ベアメタルシステムを OpenStack ノードとしてプロビジョニングすることができます。電源管理ドライバーの全リストについては、30章電源管理ドライバーを参照してください。
オーケストレーション
アンダークラウドには、環境のプランのセットに対応する YAML テンプレートセットが含まれます。アンダークラウドは、これらのプランをインポートして、その指示に従い、目的の OpenStack 環境を作成します。このプランに含まれるフックを使用して、環境作成プロセスの特定のポイントとして、カスタマイズを組み込むこともできます。
アンダークラウドのコンポーネント

アンダークラウドは、OpenStack のコンポーネントをベースのツールセットとして使用します。各コンポーネントは、アンダークラウドの個別のコンテナー内で動作します。

  • OpenStack Identity (keystone): director コンポーネントの認証および認可
  • OpenStack Bare Metal (ironic) および OpenStack Compute (nova): ベアメタルノードの管理
  • OpenStack Networking (neutron) および Open vSwitch: ベアメタルノードのネットワークの制御
  • OpenStack Image サービス (glance): director がベアメタルマシンに書き込むイメージの格納
  • OpenStack Orchestation (heat) および Puppet: director がオーバークラウドイメージをディスクに書き込んだ後のノードのオーケストレーションおよび設定
  • OpenStack Workflow サービス (mistral): プランのインポートやデプロイなど、特定の director 固有のアクションに対してワークフローセットを提供します。
  • OpenStack Messaging Service (zaqar): OpenStack Workflow サービスのメッセージサービスを提供します。
  • OpenStack Object Storage (swift): 以下のさまざまな OpenStack Platform のコンポーネントに対してオブジェクトストレージを提供します。

    • OpenStack Image サービスのイメージストレージ
    • OpenStack Bare Metal のイントロスペクションデータ
    • OpenStack Workflow サービスのデプロイメントプラン