第26章 仮想コントロールプレーンの作成

仮想コントロールプレーンは、ベアメタルではなく仮想マシン (VM) 上にあるコントロールプレーンです。仮想コントロールプレーンを使用することで、コントロールプレーンに必要なベアメタルマシンの数を減らすことができます。

本章では、Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) および Red Hat Virtualization を使用して、オーバークラウドの RHOSP コントロールプレーンを仮想化する方法について説明します。

26.1. 仮想コントロールプレーンのアーキテクチャー

director を使用して、Red Hat Virtualization クラスターにデプロイされたコントローラーノードを使用するオーバークラウドをプロビジョニングします。その後、これらの仮想コントローラーを仮想コントロールプレーンノードとしてデプロイできます。

注記

仮想コントローラーノードは、Red Hat Virtualization 上でのみサポートされます。

以下のアーキテクチャー図は、仮想コントロールプレーンのデプロイ方法を示しています。オーバークラウドを Red Hat Virtualization の仮想マシン上で実行中のコントローラーノードに分散し、コンピュートノードおよびストレージノードをベアメタル上で実行します。

注記

OpenStack 仮想アンダークラウドは、Red Hat Virtualization 上で実行されます。

仮想コントロールプレーンのアーキテクチャー

Virtualized control plane architecture

OpenStack Bare Metal Provisioning サービス (ironic) には、Red Hat Virtualization の仮想マシン用ドライバー staging-ovirt が含まれています。このドライバーを使用して、Red Hat Virtualization 環境内の仮想ノードを管理できます。このドライバーを使用して、Red Hat Virtualization 環境内の仮想マシンとしてオーバークラウドのコントローラーをデプロイすることもできます。

RHOSP オーバークラウドのコントロールプレーンを仮想化する際の利点と制限

RHOSP オーバークラウドのコントロールプレーンを仮想化する利点は数多くありますが、すべての設定に適用できる訳ではありません。

利点

オーバークラウドのコントロールプレーンを仮想化することには、ダウンタイムを回避し、パフォーマンスを向上させる数多くの利点があります。

  • ホットプラグおよびホットアンプラグを使用して CPU およびメモリーを必要に応じてスケーリングし、リソースを仮想コントローラーに動的に割り当てることができます。これにより、ダウンタイムを防ぎ、プラットフォームの拡張に合わせて増大した能力を活用できます。
  • 同じ Red Hat Virtualization クラスターに追加のインフラストラクチャー仮想マシンをデプロイすることができます。これにより、データセンターのサーバーフットプリントが最小限に抑えられ、物理ノードの効率が最大化されます。
  • コンポーザブルロールを使用すると、より複雑な RHOSP コントロールプレーンを定義することができ、リソースをコントロールプレーンの特定のコンポーネントに割り当てることができます。
  • 仮想マシンのライブマイグレーション機能により、サービスを中断せずにシステムをメンテナンスすることができます。
  • Red Hat Virtualization がサポートするサードパーティーまたはカスタムツールを統合することができます。

制限

仮想コントロールプレーンには、使用できる設定の種類に制限があります。

  • 仮想 Ceph Storage ノードおよびコンピュートノードはサポートされません。
  • ファイバーチャネルを使用するバックエンドについては、Block Storage (cinder) のイメージからボリュームへの転送はサポートされません。Red Hat Virtualization は N_Port ID Virtualization (NPIV) をサポートしていません。したがって、ストレージのバックエンドからコントローラー (デフォルトで cinder-volume を実行) に LUN をマッピングする必要のある Block Storage (cinder) ドライバーは機能しません。仮想化されたコントローラーに含めるのではなく、cinder-volume 専用のロールを作成し、そのロールを使用して物理ノードを作成する必要があります。詳しい情報は、Composable Services and Custom Roles を参照してください。