2.5.2. manila-cephfsganesha-config.yaml 環境ファイル

CephFS バックエンドを定義するための統合環境ファイルは、アンダークラウドノードの以下のパスにあります。

 /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/

manila-cephfsganesha-config.yaml 環境ファイルには、Shared File Systems サービスのデプロイに関する設定が含まれます。バックエンドのデフォルト設定は、ほとんどの環境で機能します。Shared File Systems サービスをデプロイする際に director が使用するデフォルト値を以下の例で示します。

[stack@undercloud ~]$ cat /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/manila-cephfsganesha-config.yaml
# A Heat environment file which can be used to enable a
# a Manila CephFS-NFS driver backend.
resource_registry:
  OS::TripleO::Services::ManilaApi: ../deployment/manila/manila-api-container-puppet.yaml
  OS::TripleO::Services::ManilaScheduler: ../deployment/manila/manila-scheduler-container-puppet.yaml
  # Only manila-share is pacemaker managed:
  OS::TripleO::Services::ManilaShare: ../deployment/manila/manila-share-pacemaker-puppet.yaml
  OS::TripleO::Services::ManilaBackendCephFs: ../deployment/manila/manila-backend-cephfs.yaml
  # ceph-nfs (ganesha) service is installed and configured by ceph-ansible
  # but it's still managed by pacemaker
  OS::TripleO::Services::CephNfs: ../deployment/ceph-ansible/ceph-nfs.yaml

parameter_defaults:
  ManilaCephFSBackendName: cephfs 1
  ManilaCephFSDriverHandlesShareServers: false 2
  ManilaCephFSCephFSAuthId: 'manila' 3
  ManilaCephFSCephFSEnableSnapshots: false 4
  # manila cephfs driver supports either native cephfs backend - 'CEPHFS'
  # (users mount shares directly from ceph cluster), or nfs-ganesha backend -
  # 'NFS' (users mount shares through nfs-ganesha server)
  ManilaCephFSCephFSProtocolHelperType: 'NFS'

parameter_defaults ヘッダーから設定が始まります。本セクションでは、設定を編集して resource_registry で設定したデフォルト値を上書きすることができます。これには、CephFS バックエンドのデフォルトを設定する OS::Tripleo::Services::ManilaBackendCephFs で定義した値も含まれます。

1
ManilaCephFSBackendName: CephFS バックエンドの manila 設定の名前を定義します。ここでは、デフォルトのバックエンド名は cephfs です。
2
ManilaCephFSDriverHandlesShareServers: 共有用サーバーのライフサイクルをコントロールします。false に設定すると、ドライバーはライフサイクルを処理しません。サポートされるオプションはこれだけです。
3
ManilaCephFSCephFSAuthId: Ceph クラスターにアクセスするために director が manila サービス用に作成する Ceph 認証 ID を定義します。
4
ManilaCephFSCephFSEnableSnapshots: スナップショットのアクティブ化をコントロールします。値が false であれば、スナップショットが有効ではないことを意味します。この機能は現在サポートされていません。

環境ファイルについての詳細は、『Director Installation and Usage』「Environment Files」を参照してください。