2.5. 更新された環境のデプロイ

環境をデプロイする準備が整ったら、NFS-Ganesha と共に CephFS を実行するのに必要なカスタム環境およびロールを指定して、openstack overcloud deploy コマンドを使用します。

オーバークラウドのデプロイコマンドでは、その他の必要なオプションに加えて以下のオプションを指定します。

機能オプション補足情報

network_data_ganesha.yaml を使用して新たな StorageNFS ネットワークを追加する。

-n /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/network_data_ganesha.yaml

StorageNFS および network_data_ganesha.yaml ファイル

前のセクションで作成した roles_data.yaml ファイルにより定義したカスタムロールを追加する

-r /home/stack/roles_data.yaml

カスタムロールファイルの生成

ceph-ansible.yaml を使用して Ceph デーモンをデプロイする

-e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ceph-ansible/ceph-ansible.yaml

『Deploying an Overcloud with Containerized Red Hat Ceph』「Initiating Overcloud Deployment」

ceph-mds.yaml を使用して Ceph メタデータサーバーをデプロイする。

-e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ceph-ansible/ceph-mds.yaml

『Deploying an Overcloud with Containerized Red Hat Ceph』「Initiating Overcloud Deployment」

NFS バックエンドに CephFS を使用する Shared File Systems (manila) サービスをデプロイする。director と共に NFS-Ganesha を設定する。

-e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/manila-cephfsganesha-config.yaml

manila-cephfsganesha-config.yaml 環境ファイル

以下は、CephFS を使用するための NFS-Ganesha、Ceph クラスター、Ceph MDS、および StorageNFS 分離ネットワークをデプロイするオプションを指定した openstack overcloud deploy コマンドの例です。

[stack@undercloud ~]$ openstack overcloud deploy \
--templates /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates  \
-n /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/network_data_ganesha.yaml \
-r /home/stack/roles_data.yaml \
-e /home/stack/containers-default-parameters.yaml   \
-e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/network-isolation.yaml   \
-e /home/stack/network-environment.yaml  \
-e/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ceph-ansible/ceph-ansible.yaml  \
-e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/ceph-ansible/ceph-mds.yaml  \
-e /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/manila-cephfsganesha-config.yaml

openstack overcloud deploy コマンドについての詳しい情報は、『Director Installation and Usage』「Deployment command」を参照してください。

2.5.1. StorageNFS および network_data_ganesha.yaml ファイル

コンポーザブルネットワークを使用して、カスタムネットワークを定義して、それを任意のロールに割り当てます。標準の network_data.yaml ファイルを使用する代わりに、network_data_ganesha.yaml ファイルを使用して StorageNFS コンポーザブルネットワークを設定することができます。これらのロールは、共に /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates ディレクトリーから利用可能です。

network_data_ganesha.yaml ファイルには、StorageNFS 分離ネットワークを定義する追加のセクションが含まれます。デフォルトの設定がほとんどのインストールで機能しますが、YAML ファイルを編集してご自分のネットワーク設定 (VLAN ID、サブネット、その他の設定など) を追加する必要があります。

name: StorageNFS
enabled: true
vip: true
name_lower: storage_nfs
vlan: 70
ip_subnet: '172.16.4.0/24'
allocation_pools: [{'start': '172.16.4.4', 'end': '172.16.4.149'}]
ipv6_subnet: 'fd00:fd00:fd00:7000::/64'
ipv6_allocation_pools: [{'start': 'fd00:fd00:fd00:7000::10', 'end': 'fd00:fd00:fd00:7000:ffff:ffff:ffff:fffe'}]

コンポーザブルネットワークについての詳しい情報は、『Advanced Overcloud Customization』「Using Composable Networks」を参照してください。