1.2. NFS バックエンドへの CephFS の使用

Shared File Systems サービス (manila) の NFS バックエンドに CephFS を使用する構成には、Ceph メタデータサーバー (MDS)、NFS バックエンドに CephFS を使用するためのゲートウェイ (NFS-Ganesha)、および Ceph クラスターサービスのコンポーネントが含まれます。Shared File Systems サービスの CephFS NFS ドライバーは、NFS-Ganesha ゲートウェイを使用して NFSv4 プロトコルによる CephFS ファイル共有へのアクセスを提供します。Ceph MDS サービスは、ファイルシステムのディレクトリーおよびファイル名を RADOS クラスターに保管されるオブジェクトにマッピングします。NFS ゲートウェイは、Ceph 等の異なるストレージバックエンドを使用して NFS ファイル共有を提供します。NFS-Ganesha サービスは、Ceph サービスと共にコントローラーノード上で実行されます。

インスタンスは、少なくとも 2 つの NIC と共に起動します。1 つの NIC はプロジェクトのルーターに接続され、2 つ目の NIC は StorageNFS ネットワークに接続され、そこから直接 NFS-Ganesha ゲートウェイに接続されます。インスタンスは、NFS プロトコルを使用してファイル共有をマウントします。Ceph OSD ノードがホストする CephFS ファイル共有は、NFS ゲートウェイを通じて提供されます。

NFS-Ganesha により、ユーザーのインスタンスは MDS および他の Ceph サービスに直接アクセスしなくなるので、セキュリティーが向上します。インスタンスは、Ceph デーモンに直接アクセスしません。

cephfs nfs topology nfs driver