2.6. デプロイメント後設定の完了

NFS 共有を作成し、ユーザーにアクセス権限を付与し、NFS 共有をマウントする前に、2 つのデプロイメント後設定タスクを完了する必要があります。

  • Networking サービス (neutron) の StorageNFS ネットワークをデータセンターの StorageNFS 分離ネットワークにマッピングする。
  • デフォルトのファイル共有種別を作成する。

これらのステップを完了したら、テナントコンピュートインスタンスは NFS 共有を作成し、そのアクセスを許可し、マウントすることができます。

2.6.1. ストレージプロバイダーネットワークの作成

新しい StorageNFS 分離ネットワークを Networking (neutron) プロバイダーネットワークにマッピングする必要があります。NFS-Ganesha ゲートウェイの提供するファイル共有のエクスポート場所にアクセスするために、コンピュートノードの仮想マシンをネットワークにアタッチします。

Shared File Systems サービスのネットワークセキュリティーに関する情報は、『Security and Hardening Guide』「Hardening the Shared File Systems Service」を参照してください。

手順

openstack network create コマンドにより、StorageNFS neutron ネットワークの設定を定義します。

  1. アンダークラウドノードから、以下のコマンドを入力します。

    [stack@undercloud ~]$ source ~/overcloudrc
  2. アンダークラウドノードで、StorageNFS ネットワークを作成します。

    (overcloud) [stack@undercloud-0 ~]$ openstack network create StorageNFS --share  --provider-network-type vlan --provider-physical-network datacentre --provider-segment 70

    以下のオプションを設定してこのコマンドを入力することができます。

    • --provider-physical-network オプション: tripleo-heat-templates の NeutronBridgeMappings で別途 br-isolated ブリッジのタグを設定していない限り、デフォルト値 datacentre を使用します。
    • --provider-segment オプション: heat テンプレート (/usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/network_data_ganesha.yaml) で StorageNFS 分離ネットワークに設定した VLAN の値を使用します。デプロイ時に分離ネットワークの定義を変更していない限り、この値は 70 です。
    • --provider-network-type オプション: 値 vlan を使用します。