第4章 NFS バックエンドに CephFS を使用する構成が正常にデプロイされたことの検証

Shared File Systems サービス (manila) の NFS バックエンドに CephFS を使用する構成をデプロイする場合、オーバークラウド環境に以下に示す新たな要素を追加します。

  • StorageNFS ネットワーク
  • コントローラー上の Ceph MDS サービス
  • コントローラー上の NFS-Ganesha サービス

ユーザーにサービスの利用を許可する前に、クラウド管理者は NFS バックエンドに CephFS を使用する環境が安定して動作することを確認する必要があります。

4.1. StorageNFS 分離ネットワークが作成されていることの確認

Shared File Systems サービスの NFS バックエンドに CephFS を使用する構成をデプロイするのに使用する network_data_ganesha.yaml ファイルにより、StorageNFS VLAN が作成されます。StorageNFS 分離ネットワークが存在することを確認するには、以下の手順を実施します。

手順

  1. オーバークラウドのコントローラーのいずれかにログインします。
  2. 以下のコマンドを入力して接続されたネットワークを確認し、network_data_ganesha.yaml により設定したとおりの VLAN が存在することを確認します。

    $ ip a
    15: vlan310: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc noqueue state UNKNOWN group default qlen 1000
        link/ether 32:80:cf:0e:11:ca brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
        inet 172.16.4.4/24 brd 172.16.4.255 scope global vlan310
           valid_lft forever preferred_lft forever
        inet 172.16.4.7/32 brd 172.16.4.255 scope global vlan310
           valid_lft forever preferred_lft forever
        inet6 fe80::3080:cfff:fe0e:11ca/64 scope link
           valid_lft forever preferred_lft forever