第2章 NFS-Ganesha バックエンドに CephFS を使用する構成のインストール

NFS バックエンドに Ceph File System (CephFS) を使用する典型的な Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) 環境は、以下の要素で構成されます。

  • コンテナー化された Ceph メタデータサーバー (MDS)、Ceph モニター (MON)、manila、および NFS-Ganesha サービスを実行する OpenStack コントローラーノード。これらのサービスのいくつかは、同じノードに共存する場合や、専用のノードを持つ場合があります。
  • Ceph ストレージノード上で動作するコンテナー化されたオブジェクトストレージデーモン (OSD) を持つ Ceph ストレージクラスター
  • NFS 共有のプロビジョニング用に、プロジェクトから NFS-Ganesha サービスへのアクセスを提供する StorageNFS 分離ネットワーク
重要

NFS バックエンドに CephFS を使用した Shared File Systems (manila) サービスを使用して、Manila CSI により OpenShift Container Platform にファイル共有を提供する場合、Red Hat ではサポート例外を要求します。詳細は、Red Hat のサポートにお問い合わせください。

Shared File Systems サービス (manila) の提供する API により、プロジェクトはファイルシステムの共有を要求することができます。これは、ドライバーモジュールにより実施されます。Red Hat CephFS のドライバー manila.share.drivers.cephfs.driver.CephFSDriver により、Shared File Systems サービスを CephFS バックエンドとして使用することができます。RHOSP director は、NFS-Ganesha ゲートウェイをデプロイするようにドライバーを設定します。これにより、NFS 4.1 プロトコルを使用して CephFS ファイル共有が提供されます。

RHOSP director を使用してオーバークラウドに CephFS バックエンドを持つ Shared File Systems サービスをデプロイすると、heat テンプレートで定義された必要なストレージネットワークが自動的に作成されます。ネットワークプランニングに関する詳しい情報は、『Director Installation and Usage』「Overcloud networks」を参照してください。

ノードの /etc/manila/manila.conf ファイルを編集して Shared File Systems サービスを手動で設定することができますが、今後のオーバークラウド更新時に、RHOSP director はあらゆる設定を上書きすることができます。Shared File Systems のバックエンドを設定する場合には、director を使用する方法を推奨します。

注記

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) director により設定されていない外部にデプロイされた Ceph クラスターに NFS バックエンドに CephFS を使用する構成を追加する設定はサポートの対象です。director で定義することのできる CephFS バックエンドは、現状 1 つだけです。詳しい情報は、『Integrating an Overcloud with an Existing Red Hat Ceph Cluster』「Integrating with the existing Ceph Storage cluster」を参照してください。

2.1. 要件

NFS バックエンドに CephFS を使用する構成は、Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) バージョン 13 以降、完全にサポートされています。RHOSP 16.0 以降では、NFS バックエンドに CephFS を使用した RHOSP Shared File Systems サービスは、Red Hat Ceph Storage バージョン 4.1 以降との組み合わせがサポート対象の構成です。システムにインストールされている Ceph Storage のバージョンを確認する方法についての詳細は、「What are the Red Hat Ceph Storage releases and corresponding Ceph package versions?」を参照してください。

前提条件

  • デフォルトの動作と同様に、Shared File Systems サービスをコントローラーノードにインストールする。
  • NFS-Ganesha ゲートウェイサービスをコントローラーノードの Pacemaker クラスターにインストールする。
  • 1 つの CephFS バックエンドのインスタンスだけが Shared File Systems サービスを使用するように設定する。その他の CephFS 以外のバックエンドは、1 つの CephFS バックエンドと共に使用することができます。
  • RHOSP director を使用して、ストレージトラフィック用に追加のネットワーク (StorageNFS) を作成する。