Menu Close

1.2.4.2. ローカルボリュームからのインポート

glance-direct メソッドは、イメージレコードを作成し、それによりイメージ ID が生成されます。イメージがローカルボリュームからサービスにアップロードされるとステージングエリアに保管され、設定されているチェックに合格した後にアクティブとなります。高可用性 (HA) 構成で使用される場合には、glance-direct メソッドには共通のステージングエリアが必要です。

注記

HA 環境では、glance-direct メソッドを使用したイメージのアップロードは、共通のステージエリアがない場合には失敗します。HA の アクティブ/アクティブ環境では、API コールは複数の Image サービスのコントローラーに分散されます。ダウンロード API コールは、イメージをアップロードする API コールとは別のコントローラーに送信することが可能です。ステージングエリアの設定に関する詳しい情報は、『Advanced Overcloud Customization Guide』「Storage Configuration」セクションを参照してください。

glance-direct メソッドは、3 つの異なるコールを使用して、イメージをインポートします。

  • glance image-create
  • glance image-stage
  • glance image-import

glance image-create-via-import コマンドを使用して、これらの 3 つの呼び出しを 1 つのコマンドで実行することができます。以下の例の大文字の語句を、適切なオプションに置き換えてください。

glance image-create-via-import --container-format FORMAT --disk-format DISKFORMAT --name NAME --file /PATH/TO/IMAGE

イメージがステージングエリアからバックエンドの場所に移動すると、そのイメージはリストされます。ただし、イメージがアクティブになるには、多少時間がかかる場合があります。

glance image-show <image_id> コマンドを使用して、イメージの可用性をモニタリングすることができます。<image_id を、イメージの作成時に指定した ID に置き換えます。