Menu Close

1.2.9. RAW 形式へのイメージの変換

Red Hat Ceph Storage は QCOW2 イメージを保管することはできますが、そのイメージを使用して仮想マシン (VM) のディスクをホストすることはできません。

アップロードした QCOW2 イメージから仮想マシンを作成する場合には、コンピュートノードはイメージをダウンロードして RAW に変換し、それを Ceph にアップロードし直してからでないと使用することができません。このプロセスは仮想マシンの作成時間に影響を及ぼします (特に、並行して仮想マシンを作成する場合)。

たとえば、複数の仮想マシンを同時に作成する場合には、Ceph クラスターへの変換済みイメージのアップロードが、すでに実行中の負荷に影響を及ぼす可能性があります。IOPS のこれらの負荷に対するリソースがアップロードプロセスにより枯渇し、ストレージの反応が遅くなる場合があります。

Ceph において仮想マシンをより効率的に起動するには (一時バックエンドまたはボリュームからの起動)、glance イメージの形式を RAW にする必要があります。

手順

  1. イメージを RAW に変換すると、イメージサイズが元の QCOW2 イメージファイルより大きくなる場合があります。最終的な RAW イメージのサイズを確認するには、変換前に以下のコマンドを実行します。

    qemu-img info <image>.qcow2
  2. イメージを QCOW2 から RAW 形式に変換します。

    qemu-img convert -p -f qcow2 -O raw <original qcow2 image>.qcow2 <new raw image>.raw

1.2.9.1. Image サービス (glance) でのディスクフォーマットの設定

GlanceDiskFormats パラメーターを使用して、ディスクフォーマットを有効または拒否するように Image サービス (glance) を設定することができます。

手順

  1. アンダークラウドホストに stack ユーザーとしてログインします。
  2. source コマンドでアンダークラウドの認証情報ファイルを読み込みます。

    $ source ~/stackrc
  3. 環境ファイルに GlanceDiskFormats パラメーターを追加します(例: glance_disk_formats.yaml)。

    parameter_defaults:
      GlanceDiskFormats:
        - <disk_format>
    • たとえば、RAW および ISO ディスクフォーマットだけを有効にするには、以下の設定を使用します。

      parameter_defaults:
        GlanceDiskFormats:
        - raw
        - iso
    • QCOW2 ディスクイメージを拒否するには、以下の設定例を使用します。

      parameter_defaults:
        GlanceDiskFormats:
        - raw
        - iso
        - aki
        - ari
        - ami
  4. ご自分の環境に該当するその他の環境ファイルと共に、新しい設定が含まれる環境ファイルを openstack overcloud deploy コマンドに追加します。

    $ openstack overcloud deploy --templates \
      -e <overcloud_environment_files> \
      -e <new_environment_file> \
      …
    • <overcloud_environment_files> をデプロイメントに追加する環境ファイルの一覧に置き換えます。
    • <new_environment_file> を新しい設定が含まれる環境ファイルに置き換えます。

RHOSP で利用可能なディスクフォーマットの詳細は、「Image サービス」を参照してください。