Menu Close

2.2. 複数ストアへのイメージのインポート

相互運用可能なイメージのインポートワークフローを使用して、イメージデータを複数の Ceph Storage クラスターにインポートします。ローカルファイルシステムで、または Web サーバーから利用可能なイメージを、Image サービスにインポートすることができます。

Web サーバーからイメージをインポートする場合、イメージを複数のストアに一度にインポートすることができます。イメージが Web サーバーで利用できない場合は、イメージをローカルファイルシステムから中央のストアにインポートし、それをさらに別のストアにコピーすることができます。詳しくは、「複数ストアへの既存イメージのコピー」を参照してください。

重要

中央サイトにイメージを使用するインスタンスがない場合でも、必ず中央サイトにイメージのコピーを保存してください。Image サービスへのイメージのインポートについての詳しい情報は、『Distributed compute node and storage deployment』を参照してください。

2.2.1. イメージのインポート失敗時の対応

--allow-failure パラメーターを使用して、イメージインポート操作の失敗に対応することができます。

  • --allow-failure パラメーターの値を true に設定した場合、最初のストアにデータが正常にインポートされると、イメージのステータスは active になります。これがデフォルトの設定です。os_glance_failed_import イメージ属性を使用して、イメージデータのインポートに失敗したストアの一覧を表示することができます。
  • --allow-failure パラメーターの値を false に設定すると、指定したすべてのストアにデータが正常にインポートされた場合に限り、イメージのステータスが active になります。いずれかのストアでイメージデータのインポートが失敗した場合、イメージのステータスは failed になります。イメージは指定されたどのストアにもインポートされません。