Menu Close

2.3. 複数ストアへの既存イメージのコピー

この機能により、Red Hat OpenStack Image サービス (glance) のイメージデータを使用して、既存イメージを相互運用可能なイメージのインポートワークフローを使用してエッジにある複数の Ceph Storage ストアにコピーすることができます。

注記

イメージをエッジサイトのいずれかにコピーするためには、そのイメージは中央サイトに存在していなければなりません。既存のイメージを新たに追加したストアにコピーできるのは、イメージの所有者または管理者だけです。

--all-storestrue に設定するか、イメージデータを受け取る特定のストアを指定して、既存のイメージデータをコピーすることができます。

  • --all-stores オプションのデフォルト設定は false です。--all-storesfalse の場合は、--stores STORE1,STORE2 を使用してイメージデータを受け取るストアを指定する必要があります。指定されたストアにイメージデータがすでに存在する場合、要求は失敗します。
  • --all-storestrue に設定した場合、一部のストアにイメージデータがすでに存在していたら、それらのストアは一覧から除外されます。

イメージデータを受け取るストアを指定すると、Image サービスは中央サイトからステージングエリアにデータをコピーします。続いて、Image サービスは相互運用可能なイメージのインポートワークフローを使用してイメージデータをインポートします。詳細は、「複数ストアへのイメージのインポート」を参照してください。

重要

Red Hat では、短時間に連続してイメージのコピー要求を行わないことを推奨します。同じイメージに対して短時間に 2 回イメージのコピー操作を行うと、競合状態が発生し予期せぬ結果を招きます。既存のイメージデータに影響はありませんが、新規ストアへのデータコピーに失敗します。

2.3.1. 全ストアへのイメージのコピー

利用可能なすべてのストアにイメージデータをコピーするには、以下の手順を使用します。

手順

  1. 利用可能なすべてのストアにイメージデータをコピーします。

    $ glance image-import IMAGE-ID \
    --all-stores true \
    --import-method copy-image

    IMAGE-ID をコピーするイメージの名前に置き換えます。

  2. 利用可能なすべてのストアにイメージデータが正常に複製されたことを確認します。

    $ glance image-list --include-stores

    イメージインポート操作のステータスを確認する方法については、「イメージインポート操作の進捗の確認」を参照してください。