第2章 Compute サービス (nova) の設定

クラウド管理者は、環境ファイルを使用して Compute (nova) サービスをカスタマイズします。Puppet は、この設定を生成して /var/lib/config-data/puppet-generated/<nova_container>/etc/nova/nova.conf ファイルに保存します。Compute サービスの設定をカスタマイズするには、以下の設定方法を順番どおりに使用します。

  1. heat パラメーター - オーバークラウドパラメーター ガイドの Compute (nova) パラメーター セクションに詳細が記載されています。以下の例では、heat パラメーターを使用して、デフォルトのスケジューラーフィルターを設定し、Compute サービスの NFS バックエンドを設定します。

    parameter_defaults:
      NovaSchedulerDefaultFilters: AggregateInstanceExtraSpecsFilter,ComputeFilter,ComputeCapabilitiesFilter,ImagePropertiesFilter
      NovaNfsEnabled: true
      NovaNfsShare: '192.0.2.254:/export/nova'
      NovaNfsOptions: 'context=system_u:object_r:nfs_t:s0'
      NovaNfsVersion: '4.2'
  2. Puppet パラメーター: /etc/puppet/modules/nova/manifests/* で定義されます。

    parameter_defaults:
      ComputeExtraConfig:
        nova::compute::force_raw_images: True
    注記

    この方法は、等価な heat パラメーターが存在しない場合にのみ使用してください。

  3. 手動での hieradata の上書き: heat パラメーターまたは Puppet パラメーターが存在しない場合の、パラメーターカスタマイズ用。たとえば、以下の設定により Compute ロールの [DEFAULT] セクションに timeout_nbd が定義されます。

    parameter_defaults:
      ComputeExtraConfig:
        nova::config::nova_config:
          DEFAULT/timeout_nbd:
            value: '20'
警告

heat パラメーターが存在する場合は、Puppet パラメーターではなく heat パラメーターを使用します。Puppet パラメーターは存在するが heat パラメーターは存在しない場合は、手動で上書きする方法ではなく Puppet パラメーターを使用します。等価な heat パラメーターまたは Puppet パラメーターがない場合に限り、手動で上書きする方法を使用してください。

ヒント

特定の設定をカスタマイズする際に heat パラメーターまたは Puppet パラメーターが利用可能かどうかを判断するには、Identifying parameters that you want to modify のガイダンスに従ってください。

オーバークラウドサービスの設定方法の詳細は、オーバークラウドの高度なカスタマイズHeat パラメーター を参照してください。

2.1. オーバーコミットのためのメモリー設定

メモリーのオーバーコミットを使用する場合 (NovaRAMAllocationRatio >= 1.0)、割り当て率をサポートするのに十分なスワップ領域を確保してオーバークラウドをデプロイする必要があります。

注記

NovaRAMAllocationRatio パラメーターが 1 より小さい値 に設定されている場合は、RHEL でのスワップサイズの推奨事項に従ってください。詳細は、RHEL ストレージデバイスの管理システムの推奨スワップ領域 を参照してください。

前提条件

手順

  1. /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/enable-swap.yaml ファイルを環境ファイルのディレクトリーにコピーします。

    $ cp /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/enable-swap.yaml /home/stack/templates/enable-swap.yaml
  2. 以下のパラメーターを enable-swap.yaml ファイルに追加して、スワップサイズを設定します。

    parameter_defaults:
      swap_size_megabytes: <swap size in MB>
      swap_path: <full path to location of swap, default: /swap>
  3. その他の環境ファイルと共に enable_swap.yaml 環境ファイルをスタックに追加して、オーバークラウドをデプロイします。

    (undercloud)$ openstack overcloud deploy --templates \
      -e [your environment files] \
      -e /home/stack/templates/enable-swap.yaml