第1章 Red Hat OpenStack Platform についての理解

Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) は、Red Hat Enterprise Linux 上にプライベートまたはパブリックの Infrastructure-as-a-Service (IaaS) クラウドを構築するための基盤を提供します。RHOSP は、クラウド対応のワークロード開発向けのスケーラビリティーおよび耐障害性に優れたプラットフォームです。

RHOSP により、セキュアで信頼性の高いパブリックまたはプライベートの OpenStack クラウドを作成、デプロイ、スケーリングするための統合された基盤が提供されます。

RHOSP は、利用可能な物理ハードウェアからプライベート、パブリック、またはハイブリッドのクラウドプラットフォームを作成できるようにパッケージされています。RHOSP クラウドには、以下のコンポーネントが含まれます。

  • 完全に分散されたオブジェクトストレージ
  • 永続的なブロックレベルのストレージ
  • 仮想マシンのプロビジョニングエンジンおよびイメージストレージ
  • 認証および承認メカニズム
  • 統合されたネットワーク
  • ユーザーおよび管理者がアクセス可能な Web ブラウザーベースのインターフェース

RHOSP IaaS クラウドは、コンピューティング、ストレージ、ネットワークのリソースを制御する連結されたサービスのコレクションにより実装されます。Web ベースのインターフェースでクラウドを管理し、RHOSP リソースを制御、プロビジョニング、および自動化することができます。また、RHOSP のインフラストラクチャーは豊富な API で管理されますが、クラウドのエンドユーザーもこの API を利用することができます。

1.1. Red Hat OpenStack Platform を使用する利点

Red Hat OpenStack Platform を使用することで、要件に応じて仮想化、ネットワーク、およびストレージを統合することができます。以下の機能が、Red Hat OpenStack Platform の利点として挙げられます。

  • 要件に合わせてスケールアップ/スケールダウンできるパブリック、プライベート、またはハイブリッドクラウドを作成することができる。
  • ニーズに合わせてクラウド化されたワークロードをデプロイすることができる。
  • セキュリティーやパフォーマンス、コストを犠牲にせず、週/日単位ではなく、時間/分単位で顧客のニーズに対応することができる。
  • ハイブリッドクラウド管理を使用し、Red Hat CloudForms と連携して監視およびレポートすることで、クラウド環境に安定性および俊敏性を提供することができる。

1.2. RDO と OpenStack Foundation の関係

OpenStack Foundation は、世界全体で OpenStack クラウドオペレーティングシステムを開発、配信、採用しています。OpenStack Foundation の目的は、共有リソースのセットを提供することでパブリックおよびプライベートの OpenStack クラウドのフットプリントを成長させ、技術ベンダーが OpenStack プラットフォームをターゲットにできるようにし、業界一のクラウドソフトウェアを創りだせるように開発者を支援し、世界中の開発者、ユーザー、全体的なエコシステムにサービスを提供することです。

RPM Distribution of OpenStack (RDO) は、無料のコミュニティーサポート版のディストリビューションで、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) や CentOS などの派生オペレーティングシステム上で稼働する OpenStack の Red Hat バージョンです。また RDO は Fedora 向けにも最新の OpenStack 開発リリースを提供しています。RDO は、ソフトウェアパッケージのセットを提供する以外に、Red Hat ベースのオペレーティングシステム上でクラウドコンピューティングを使用するユーザーのコミュニティーでもあり、OpenStack を運用する際のサポートや情報交換の場を提供しています。エンタープライズレベルのサポートやパートナー認定についての情報が必要な場合のために、Red Hat では Red Hat OpenStack Platform を提供しています。詳しくは、「Red Hat OpenStack Platform」を参照してください。