第4章 その他の参考資料

以下の表には、Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) コンポーネントのデプロイメントの参照をまとめています。

その他の RHOSP ドキュメントについては、Product Documentation for Red Hat OpenStack Platform 16.2-beta の製品ドキュメント を参照してください。

コンポーネント参考情報

Red Hat Enterprise Linux

Red Hat OpenStack Platform 16.2-beta は、Red Hat Enterprise Linux 8.2 上でサポートされます。Red Hat Enterprise Linux のインストールについての情報は、「Product Documentation for Red Hat Enterprise Linux 8」を参照してください。

Red Hat OpenStack Platform

OpenStack のコンポーネントとそれらの依存関係をインストールするには、RHOSP director を使用します。director は基本的な OpenStack アンダークラウドを使用して、最終的なオーバークラウドの OpenStack ノードのプロビジョニングと管理を行います。

アンダークラウドのインストールには、デプロイするオーバークラウドに必要な環境に加えて、追加のホストマシンが 1 台必要となる点に注意してください。詳しくは、『Director Installation and Usage』を参照してください。

高可用性

追加の高可用性コンポーネント (例: HAProxy) の設定については、『High Availability Deployment and Usage』を参照してください。

ライブマイグレーションの設定に関する情報は、『Configuring the Compute Service for Instance Creation』「Migrating virtual machine instances between Compute nodes」を参照してください。

Load-balancing

OpenStack Load-balancing サービス (octavia) は、RHOSP director のインストール環境で、Load Balancing-as-a-Service (LBaaS) バージョン 2 の実装を提供します。詳細は、『Using Octavia for Load Balancing-as-a-Service』を参照してください。

Pacemaker

Pacemaker は Red Hat Enterprise Linux にアドオンとして統合されています。高可用性用の Red Hat Enterprise Linux を設定するには、『Configuring and managing high availability clusters』を参照してください。