第2章 コンテナーイメージの取得および変更

コンテナー化されたオーバークラウドには、必要なコンテナーイメージを含むレジストリーへのアクセスが必要です。本章では、Red Hat OpenStack Platform 向けのコンテナーイメージを使用するためのレジストリーおよびアンダークラウドとオーバークラウドの設定の準備方法について説明します。

2.1. コンテナーイメージの準備

オーバークラウドのインストールには、コンテナーイメージの取得先およびその保存方法を定義するための環境ファイルが必要です。この環境ファイルを生成してカスタマイズし、コンテナーイメージの準備に使用します。

注記

オーバークラウド用に特定のコンテナーイメージバージョンを設定する必要がある場合は、イメージを特定のバージョンに固定する必要があります。詳しい情報は、「Pinning container images for the overcloud」を参照してください。

手順

  1. アンダークラウドホストに stack ユーザーとしてログインします。
  2. デフォルトのコンテナーイメージ準備ファイルを生成します。

    $ openstack tripleo container image prepare default \
      --local-push-destination \
      --output-env-file containers-prepare-parameter.yaml

    上記のコマンドでは、以下の追加オプションを使用しています。

    • --local-push-destination: コンテナーイメージの保管場所として、アンダークラウド上のレジストリーを設定します。つまり、director は必要なイメージを Red Hat Container Catalog からプルし、それをアンダークラウド上のレジストリーにプッシュします。director はこのレジストリーをコンテナーイメージのソースとして使用します。Red Hat Container Catalog から直接プルする場合には、このオプションを省略します。
    • --output-env-file: 環境ファイルの名前です。このファイルには、コンテナーイメージを準備するためのパラメーターが含まれます。ここでは、ファイル名は containers-prepare-parameter.yaml です。

      注記

      アンダークラウドとオーバークラウド両方のコンテナーイメージのソースを定義するのに、同じ containers-prepare-parameter.yaml ファイルを使用することができます。

  3. 要件に合わせて containers-prepare-parameter.yaml を変更します。