Menu Close

2.2.8. アベイラビリティーゾーンのデプロイ

アベイラビリティーゾーンは、クラウドインスタンスおよびサービスをグループ化するためのプロバイダー固有の方法です。director は CinderXXXAvailabilityZone パラメーターを使用して、Block Storage ボリュームのバックエンドごとに異なるアベイラビリティーゾーンを設定します (XXX は特定のバックエンドに対応する値です)。

手順

Block Storage ボリュームのバックエンドごとに異なるアベイラビリティーゾーンをデプロイするには、以下の手順を実施します。

  1. 以下のパラメーターを環境ファイルに追加して、2 つのアベイラビリティーゾーンを作成します。

    parameter_defaults:
     CinderXXXAvailabilityZone: zone1
     CinderYYYAvailabilityZone: zone2

    以下に示す例のように、XXX および YYY を、サポートされるバックエンドの値に置き換えます。

    CinderISCSIAvailabilityZone
    CinderNfsAvailabilityZone
    CinderRbdAvailabilityZone
    注記

    /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/deployment/cinder/ ディレクトリーでバックエンドに関連付けられた heat テンプレートを探し、正しいバックエンドの値を確認してください。

    2 つのバックエンドをデプロイする例を以下に示します。ここでは、rbd がゾーン 1 で iSCSI がゾーン 2 です。

    parameter_defaults:
     CinderRbdAvailabilityZone: zone1
     CinderISCSIAvailabilityZone: zone2
  2. 更新された環境ファイルを追加して、オーバークラウドをデプロイします。