Menu Close

2.2.2. グループボリューム設定とボリューム種別

Red Hat OpenStack Platform では、ボリューム種別を作成することができ、関連する設定をボリューム種別に適用することができます。ボリュームの作成時に設定を適用することができます。「ボリュームの作成」を参照してください。ボリュームの作成後に設定を適用することもできます。「ボリューム種別の変更」を参照してください。ボリューム種別に適用することができる関連設定の一部を、一覧にして以下に示します。

設定は、「追加スペック」と呼ばれるキーと値のペアを使用してボリューム種別に関連付けられます。ボリュームの作成時にボリューム種別を指定する際には、Block Storage のスケジューラーがこれらのキーと値のペアを設定として適用します。また、複数のキーと値のペアを同じボリューム種別に関連付けることができます。

ボリューム種別は、異なるユーザーにストレージ階層を使用できるようにする機能をします。特定のパフォーマンス、耐障害性、およびその他の設定をキーと値のペアとしてボリューム種別に関連付けることにより、階層固有の設定を異なるボリューム種別にマッピングすることができます。マッピングされた階層固有の設定は、ボリュームの作成時に対応するボリューム種別を指定することによって適用が可能です。

2.2.2.1. ホストドライバーの機能の一覧表示

注記

利用可能な追加スペックやサポートされている追加スペックは、バックエンドのドライバーにより異なります。有効な追加スペックの一覧については、ボリュームドライバーのマニュアルを参照してください。

または、Block Storage ホストに直接クエリーを送信して、そのドライバーがサポートしている、明確に定義された標準の追加スペックを確認することができます。まず、コマンドラインから Block Storage サービスをホストするノードにログインします。次に、以下のコマンドを実行します。

# cinder service-list

このコマンドは、各 Block Storage サービス (cinder-backupcinder-scheduler、および cinder-volume) のホストが含まれる一覧を返します。以下に例を示します。

+------------------+---------------------------+------+---------
|      Binary      |            Host           | Zone |  Status ...
+------------------+---------------------------+------+---------
|  cinder-backup   |   localhost.localdomain   | nova | enabled ...
| cinder-scheduler |   localhost.localdomain   | nova | enabled ...
|  cinder-volume   | *localhost.localdomain@lvm* | nova | enabled ...
+------------------+---------------------------+------+---------

Block Storage サービスのドライバーの機能を表示するには (これによりサポートされる追加スペックを判断)、以下のコマンドを実行します。

# cinder get-capabilities _VOLSVCHOST_

VOLSVCHOSTcinder-volume のホストの完全な名前に置き換えます。以下に例を示します。

# cinder get-capabilities localhost.localdomain@lvm
    +---------------------+-----------------------------------------+
    |     Volume stats    |                        Value            |
    +---------------------+-----------------------------------------+
    |     description     |                         None            |
    |     display_name    |                         None            |
    |    driver_version   |                        3.0.0            |
    |      namespace      | OS::Storage::Capabilities::localhost.loc...
    |      pool_name      |                         None            |
    |   storage_protocol  |                        iSCSI            |
    |     vendor_name     |                     Open Source         |
    |      visibility     |                         None            |
    | volume_backend_name |                         lvm             |
    +---------------------+-----------------------------------------+
    +--------------------+------------------------------------------+
    | Backend properties |                        Value             |
    +--------------------+------------------------------------------+
    |    compression     |      {u'type': u'boolean', u'description'...
    |        qos         |              {u'type': u'boolean', u'des ...
    |    replication     |      {u'type': u'boolean', u'description'...
    | thin_provisioning  | {u'type': u'boolean', u'description': u'S...
    +--------------------+------------------------------------------+

Backend properties のコラムには設定可能な追加スペックキーの一覧が、Value のコラムには、Backend properties に対する有効な値が表示されます。