2.2.5. Quality-of-Service スペックの使用

複数のパフォーマンス設定を単一の Quality-of-Service の仕様 (QoS スペック) にマッピングすることができます。これにより、ユーザータイプ別のパフォーマンス階層を提供することができます。

パフォーマンス設定はキーと値のペアとして QoS スペックにマッピングされます。これは、ボリュームの設定がボリューム種別に関連付けられる方法と似ています。ただし、QoS スペックの場合は以下の面でボリューム種別の場合とは異なります。

  • QoS スペックは、ディスクの読み取り/書き込み操作を制限するなどのパフォーマンス設定を適用するのに使用されます。利用可能かつサポートされているパフォーマンス設定はストレージドライバーによって異なります。

    バックエンドがサポートしている QoS スペックを確認するには、そのバックエンドデバイスのボリュームドライバーのマニュアルを参照してください。

  • QoS スペックとは異なり、ボリューム種別はボリュームに直接適用されます。QoS スペックは、ボリューム種別に関連付けられます。また、ボリュームの作成時にボリューム種別を指定すると、そのボリューム種別に関連付けられた QoS スペックにマッピングされたパフォーマンス設定も適用されます。

2.2.5.1. ボリュームの基本 Quality-of-Service

ボリュームの基本 QoS 値を使用して、ボリュームごとにボリュームのパフォーマンス制限を定義することができます。Block Storage サービスでは、以下のオプションがサポートされます。

  • read_iops_sec
  • write_iops_sec
  • total_iops_sec
  • read_bytes_sec
  • write_bytes_sec
  • total_bytes_sec
  • read_iops_sec_max
  • write_iops_sec_max
  • total_iops_sec_max
  • read_bytes_sec_max
  • write_bytes_sec_max
  • total_bytes_sec_max
  • size_iops_sec