Menu Close

2.3.16. ボリューム種別の変更

ボリューム種別の変更は、あるバックエンドから別のバックエンドにボリュームを移動する標準的な方法です。操作を実行するには、管理者はそれぞれのバックエンドに適切なボリューム種別を定義する必要があります。デフォルトのポリシーにより、ボリュームの所有者と管理者はボリューム種別を変更することができます。

ボリューム種別を変更する際には、ボリューム種別とその設定を既存のボリュームに適用します。ボリューム種別の詳しい情報は、「グループボリューム設定とボリューム種別」を参照してください。

新規ボリューム種別の追加スペックを既存のボリュームに適用できる場合、ボリューム種別を変更することができます。ボリューム種別を変更して、事前定義の設定やストレージ属性を既存ボリュームに適用することができます。以下に例を示します。

  • 異なるバックエンドへボリュームを移行する場合
  • ボリュームのストレージクラスまたは階層を変更する場合
  • レプリケーションなどの機能を有効または無効にする場合

ボリューム種別を変更したからといって、そのボリュームをあるバックエンドから別のバックエンドに移動しなければならない訳ではありません。ただし、種別変更を完了するのにボリュームを移動しなければならない場合があります。

  • 新しいボリュームタイプには、異なる volume_backend_name 定義されています。
  • 現在のボリュームタイプの volume_backend_name は未定義であり、ボリュームは新しいボリュームタイプの volume_backend_name で指定されたものとは異なるバックエンドに格納されます。

ボリュームをあるバックエンドから別のバックエンドに移動するには、非常に多くの時間とリソースが必要になる場合があります。したがって、種別の変更でデータを移動する必要がある場合には、Block Storage サービスはデフォルトではデータを移動しません。種別変更の要求の一部として移行ポリシーを指定して移動を明示的に許可しない限り、操作は失敗します。詳細は、「コマンドラインを使用したボリューム種別の変更」を参照してください。

制約

  • すべてのボリューム種別を変更することはできません。バックエンド間のボリュームの移動に関する詳細は、「バックエンド間でのボリュームの移動」を参照してください。
  • 暗号化されないボリューム種別を暗号化ボリューム種別に変更することはできませんが、暗号化ボリューム種別を暗号化されないボリューム種別に変更することはできます。
  • 管理者権限のないユーザーは、自分が所有するボリュームの種別しか変更できません。

2.3.16.1. Dashboard UI を使用したボリューム種別の変更

Dashboard UI を使用してボリューム種別を変更します。

重要

暗号化されていないボリュームを同じサイズの暗号化されたボリュームに種別変更する操作はサポートされません。暗号化したボリュームには、暗号化データを格納するための追加領域が必要なためです。暗号化されていないボリュームの暗号化に関する詳細は、「暗号化されていないボリュームの暗号化」を参照してください。

前提条件

手順

  1. Dashboard で プロジェクト > コンピュート > ボリューム を選択します。
  2. 移行するボリュームの アクション のコラムで、ボリューム種別の変更 を選択します。
  3. ボリューム種別の変更 ダイアログで、対象のボリューム種別を選択し、種別 の一覧から新しいバックエンドを定義します。
  4. 別のバックエンドにボリュームを移行する場合は、移行ポリシー の一覧から 要求時 を選択します。詳細は、「バックエンド間でのボリュームの移動」を参照してください。
  5. ボリューム種別の変更 をクリックして移行を開始します。