3.2. Object Storage サービスの管理

以下の手順で、Object Storage サービスをカスタマイズする方法について説明します。

3.2.1. fast-post の設定

デフォルトでは、オブジェクトメタデータの一部にでも変更があると、Object Storage サービスは必ずオブジェクト全体をコピーします。fast-post 機能を使用することでこれを回避できます。fast-post 機能は、複数の大きなオブジェクトのコンテンツ種別を変更する際の時間を短縮します。

fast-post 機能を有効にするには、以下の手順により Object Storage プロキシーサービスの object_post_as_copy オプションを無効にします。

  1. swift_params.yaml を編集します。

    cat > swift_params.yaml << EOF
    parameter_defaults:
        ExtraConfig:
          swift::proxy::copy::object_post_as_copy: False
    EOF
  2. オーバークラウドをデプロイまたは更新する際に、パラメーターファイルを指定します。

    openstack overcloud deploy [... previous args ...] -e swift_params.yaml