Menu Close

2.3.2. ボリュームを作成するバックエンドの指定

複数の Block Storage (cinder) バックエンドが設定された場合には、必ず、バックエンドごとにボリューム種別も作成する必要があります。その種別を使用して、作成したボリュームに、どのバックエンドを使用するかを指定することができます。ボリューム種別の詳しい情報は、「グループボリューム設定とボリューム種別」を参照してください。

ボリュームの作成時にバックエンドを指定するには、種別 の一覧から適切なボリューム種別を選択します (「ボリュームの作成」を参照)。

ボリュームの作成時にバックエンドを指定しない場合には、Block Storage サービスにより自動的に選択されます。デフォルトでは、このサービスは、最も空き容量の多いバックエンドを選択します。また、Block Storage サービスが利用可能な全バックエンドから無作為に選択するように設定することも可能です。詳細は、「ボリュームを複数のバックエンドに割り当てる方法の設定」を参照してください。