Menu Close

2.2.2.5. プライベートのボリューム種別の作成と設定

デフォルトでは、全テナントですべてのボリューム種別を使用することができます。アクセスが制限されたボリューム種別を作成するには、ボリューム種別を プライベート に指定します。そのためには、ボリューム種別の is-public フラグを false に設定します。

プライベートのボリューム種別は、特定の属性を持つボリュームへのアクセスを制限するのに役立ちます。これは通常は、特定のテナントのみが使用可能とする必要のある設定です。たとえば、テスト中の新規バックエンドや超ハイパフォーマンスの設定などが例としてあげられます。

プライベートのボリューム種別を作成するには、以下のコマンドを実行します。

$ cinder type-create --is-public false  <TYPE-NAME>

デフォルトでは、プライベートのボリューム種別には作成者のみがアクセスできます。ただし、管理ユーザーは、以下のコマンドを使用してプライベートボリューム種別を特定/表示することができます。

$ cinder type-list --all

このコマンドは、パブリックとプライベートの両方のボリューム種別を一覧表示します。一覧には、各ボリューム種別の名前と ID も表示されます。ボリューム種別にアクセスするには、そのボリューム種別の ID が必要となります。

プライベートのボリューム種別へのアクセスは、テナントレベルで許可されます。テナントがプライベートのボリューム種別にアクセスできるようにするには、以下のコマンドを実行します。

$ cinder  type-access-add --volume-type <TYPE-ID> --project-id <TENANT-ID>

プライベートのボリューム種別にアクセス可能なテナントを確認するには、以下のコマンドを実行します。

$ cinder  type-access-list --volume-type <TYPE-ID>

プライベートのボリューム種別のアクセスリストからテナントを削除するには、以下のコマンドを実行します。

$ cinder  type-access-remove --volume-type <TYPE-ID> --project-id <TENANT-ID>
注記

プライベートのボリューム種別へのアクセスは、デフォルトでは管理権限のあるユーザーのみが作成、表示、設定することが可能です。