Menu Close

2.2.5.2. QoS スペックの作成と設定

管理者は、「QoS スペック」の表で QoS スペックの作成および設定を行うことができます。同じ QoS スペックには、複数のキー/値のペアを関連付けることができます。

  1. Dashboard に管理ユーザーとしてログインして 管理 > ボリューム > ボリューム種別 を選択します。
  2. QoS スペック の表で QoS スペックの作成 をクリックします。
  3. QoS スペック の名前を入力します。
  4. 使用者 フィールドで、QoS ポリシーを適用する対象を指定します。

    表2.1 使用者の種別

    種別説明

    back-end

    QoS ポリシーが Block Storage バックエンドに適用されます。

    front-end

    QoS ポリシーが Compute に適用されます。

    both

    QoS ポリシーが Block Storage と Compute の両方に適用されます。

  5. 作成 をクリックします。新規 QoS スペックが QoS スペック の表に表示されるはずです。
  6. QoS スペック の表で、新規スペックの スペックの管理 アクションを選択します。
  7. 作成 をクリックして キー を指定します。キーと値のペアは有効である必要があります。有効でない場合には、ボリュームの作成時に、この QoS スペックに関連付けられたボリューム種別を指定するとエラーが発生してしまいます。

    たとえば、読み取りの IOPS 上限を 500 に設定するには、以下のキー/値のペアを使用します。

    read_iops_sec=500
  8. Create をクリックします。関連付けられた設定 (キー/値のペア) が キーと値のペア の表に表示されます。