2.3.10. ボリュームスナップショットの作成、使用、削除

ボリュームのスナップショットを作成することによって、ある特定の時点のボリュームの状態を保持することができます。そのスナップショットを使用して、新規ボリュームをクローン作成することが可能です。

注記

ボリュームのバックアップはスナップショットとは異なります。バックアップはボリューム内のデータを保持するのに対して、スナップショットはある特定の時点におけるボリュームの状態を保持します。スナップショットが存在している場合にはボリュームを削除することはできません。ボリュームのバックアップはデータ損失を防ぎます。一方、スナップショットはクローン作成を円滑化します。

このため、スナップショットのバックエンドは、クローン作成中のレイテンシーを最小限に抑えるように、通常ボリュームのバックエンドと同じ場所に配置されます。一方、バックアップのリポジトリーは通常、一般的なエンタープライズデプロイメント内の別の場所に配置されます (例: 異なるノード、物理ストレージ、あるいは別の地理的ロケーションの場合もあり)。これは、ボリュームのバックエンドが一切ダメージを受けないように保護することを目的とします。

ボリュームのバックアップについての詳しい情報は、『Block Storage Backup Guide』を参照してください。

ボリュームのスナップショットを作成するには、以下の手順を実施します。

  1. Dashboard で プロジェクト > コンピュート > ボリューム を選択します。
  2. ターゲットボリュームのスナップショットの作成アクションを選択します。
  3. 作成するスナップショッットの スナップショット名 を指定して ボリュームのスナップショットの作成 をクリックします。ボリュームのスナップショット タブに全スナップショットが表示されます。

ボリュームのスナップショット の表にスナップショットが表示されたら、そのスナップショットから新規ボリュームをクローン作成することができます。スナップショットの ボリューム作成 アクションを選択します。ボリュームの作成に関する詳しい説明は、「ボリュームの作成」を参照してください。

重要

暗号化されたボリュームのスナップショットから新規ボリュームを作成する場合は、新規ボリュームが古いボリュームより 1 GB 以上大きいようにします。

スナップショットを削除するには、ボリュームスナップショットの削除 アクションを選択します。

OpenStack デプロイメントで Red Hat Ceph バックエンドを使用している場合には、「Red Hat Ceph Storage バックエンドにおけるスナップショットの保護と保護解除」でスナップショットのセキュリティーとトラブルシューティングについての詳しい情報を参照してください。

注記

スナップショットから作成される Block Storage サービス (cinder) の RADOS ブロックデバイス (RBD) ボリュームの場合は、CinderRbdFlattenVolumeFromSnapshot heat パラメーターを使用してフラット化し、スナップショットの依存関係を削除することができます。CinderRbdFlattenVolumeFromSnapshottrue に設定すると、Block Storage サービスは RBD ボリュームをフラット化してスナップショットの依存関係を削除すると共に、それ以降のスナップショットもすべてフラット化します。デフォルト値は false で、cinder RBD ドライバーのデフォルト値も false です。

スナップショットをフラット化すると、親との潜在的なブロック共有が削除され、バックエンドでのスナップショットサイズが大きくなり、スナップショット作成の時間が長くなることに注意してください。

2.3.10.1. Red Hat Ceph Storage バックエンドにおけるスナップショットの保護と保護解除

Red Hat Ceph Storage を OpenStack デプロイメントのバックエンドとして使用する場合には、そのバックエンドでスナップショットの 保護 を設定することができます。OpenStack で (Dashboard または cinder snapshot-delete コマンドを使用して) 保護されているスナップショットの削除を試みると、操作は失敗します。

このようなエラーが発生した場合には、まず Red Hat Ceph バックエンドでスナップショットを 保護解除 に設定します。それ以降は、通常どおりに OpenStack でスナップショットを削除することができるはずです。

詳細については、Red HatCeph ストレージブロックデバイスガイドの次のリンクを参照してください。