Menu Close

2.2.3. Block Storage サービスの内部テナントの作成および設定

Block Storage 機能(Image-Volume キャッシュなど)によっては、内部テナントの設定が必要です。Block Storage サービスは、このテナント(またはプロジェクト)を使用して、通常のユーザーに公開する必要のないブロックストレージアイテムを管理します。このようなアイテムの例として、ボリュームの頻繁なクローン作成のためにキャッシュされたイメージや、移行中のボリュームの一時コピーなどが挙げられます。

内部プロジェクトを設定するには、まず cinder-internal という名前の一般プロジェクトとユーザーを作成します。そのためには、コントローラーノードにログインして以下のコマンドを実行します。

# openstack project create --enable --description "Block Storage Internal Tenant" cinder-internal
    +-------------+----------------------------------+
    |   Property  |              Value               |
    +-------------+----------------------------------+
    | description |  Block Storage Internal Tenant   |
    |   enabled   |               True               |
    |      id     | cb91e1fe446a45628bb2b139d7dccaef |
    |     name    |         cinder-internal          |
    +-------------+----------------------------------+
# openstack user create --project cinder-internal cinder-internal
    +----------+----------------------------------+
    | Property |              Value               |
    +----------+----------------------------------+
    |  email   |               None               |
    | enabled  |               True               |
    |    id    | 84e9672c64f041d6bfa7a930f558d946 |
    |   name   |         cinder-internal          |
    |project_id| cb91e1fe446a45628bb2b139d7dccaef |
    | username |         cinder-internal          |
    +----------+----------------------------------+

新たな設定オプションを追加する手順により、内部テナントが作成されます。詳細は、「Image-Volume キャッシュの設定および有効化」 を参照してください。