Menu Close

2.2.4. Image-Volume キャッシュの設定および有効化

Block Storage サービスには、任意の Image-Volume キャッシュ が含まれており、イメージからボリュームを作成する際にこのキャッシュを使用できます。このキャッシュは、頻繁に使用するイメージからボリュームを作成する際の時間を短縮するように設計されています。イメージからボリュームを作成する方法は、「ボリュームの作成」を参照してください。

Image-Volume のキャッシュを有効化すると、ボリュームの初回作成時にベースとなったイメージのコピーが保存されます。この保存されたイメージは、Block Storage バックエンドのローカルにキャッシュされ、次回このイメージを使用してボリュームを作成する際のパフォーマンス向上に役立ちます。Image-Volume キャッシュは、サイズ (GB)、イメージ数、または両方を指定して上限を設定することができます。

Image-Volume キャッシュは、複数のバックエンドでサポートされます。サードパーティーのバックエンドを使用する場合は、Image-Volume キャッシュサポートに関する情報については、サードパーティーのドキュメントを参照してください。

注記

Image-Volume キャッシュでは、内部テナント を Block Storage サービスに設定する必要があります。その方法は、「Block Storage サービスの内部テナントの作成および設定」を参照してください。

バックエンド (BACKEND) で Image-Volume キャッシュを有効にして設定するには、アンダークラウドの環境ファイルの ExtraConfig セクションに値を追加します。以下に例を示します。

parameter_defaults:
  ExtraConfig:
    cinder::config::cinder_config:
      DEFAULT/cinder_internal_tenant_project_id:
        value: TENANTID
      DEFAULT/cinder_internal_tenant_user_id:
        value: USERID
      BACKEND/image_volume_cache_enabled: 1
        value: True
      BACKEND/image_volume_cache_max_size_gb:
        value: MAXSIZE 2
      BACKEND/image_volume_cache_max_count:
        value: MAXNUMBER 3
1
BACKEND は、ターゲットのバックエンドの名前に置き換えてください (具体的には、その volume_backend_name の値)。
2
デフォルトでは、Image-Volume キャッシュサイズはバックエンドによってのみ制限されます。MAXSIZE を GB 単位の数値に変更します。
3
MAXNUMBER を使用して、イメージの最大値を設定することもできます。

Block Storage サービスのデータベースは、タイムスタンプを使用して、キャッシュされた各イメージの最終使用日時をトラッキングします。MAXSIZEMAXNUMBER のいずれか一方または両方が設定されている場合は、Block Storage サービスは必要に応じてキャッシュされたイメージを削除し、新たにイメージをキャッシュするためのスペースを解放します。Image-Volume キャッシュが上限に達すると、最も古いタイムスタンプが付いたキャッシュイメージが最初に削除されます。

/home/stack/templates/ に環境ファイルを作成したら、stack ユーザーとしてログインして、以下のコマンドを実行して設定をデプロイします。

$ openstack overcloud deploy --templates \
-e /home/stack/templates/<ENV_FILE>.yaml

ここで、ENV_FILE.yaml は、前のステップで ExtraConfig 設定を追加したファイルの名前です。

重要

オーバークラウドの作成時に追加の環境ファイルを渡した場合には、予定外の変更がオーバークラウドに加えられないように、ここで -e オプションを使用して環境ファイルを再度渡します。

openstack overcloud deploy コマンドについての詳しい情報は、『director のインストールと使用方法』「デプロイメントコマンド」を参照してください。