Menu Close

2.3.16.2. コマンドラインを使用したボリューム種別の変更

Dashboard UI の手順と同様に、コマンドラインからボリューム種別を変更することができます。

重要

暗号化されていないボリュームを同じサイズの暗号化されたボリュームに種別変更する操作はサポートされません。暗号化したボリュームには、暗号化データを格納するための追加領域が必要なためです。暗号化されていないボリュームの暗号化に関する詳細は、「暗号化されていないボリュームの暗号化」を参照してください。

前提条件

手順

  1. 以下のコマンドを入力してボリューム種別を変更します。

    $ cinder retype <volume id> <new volume type name>
  2. 種別変更の操作で、あるバックエンドから別のバックエンドにボリュームを移動する必要がある場合は、Block Storage サービスには特定のフラグが必要です。

    $ cinder retype --migration-policy on-demand <volume id> <new volume type name>
    注記

    種別変更の操作が進むと、ボリュームのステータスが retyping に変わります。

  3. 次のコマンドを入力し、volume_type フィールドを確認して、再入力操作が成功したことを確認します。volume_type フィールドには、新しいボリュームタイプが表示されます。

    $ cinder show <volume id>
    注記

    種別変更の操作を開始すると、ボリューム名が重複します。そのボリューム名で cinder show コマンドを実行すると、シンダークライアントは次のようなエラーを返します。ERROR: Multiple volume matches found for '<volume name>'このエラーを回避するには、ボリューム名の代わりにボリューム ID を使用します。