Menu Close

1.4. 冗長性および災害復旧

Block Storage サービスには、ボリュームのバックアップとリストア機能があり、ユーザーストレージの基本的な災害復旧を行います。バックアップで、ボリュームのコンテンツを保護することができます。それに加え、サービスはクローン作成以外にスナップショットもサポートしており、以前の状態にボリュームをリストアする際に役立ちます。

マルチバックエンドの環境では、バックエンド間でボリュームを移行することも可能です。この機能は、メンテナンスでバックエンドをオフラインにする必要がある場合に役立ちます。バックアップは通常、データが保護できるように、ソースのボリュームとは別のストレージバックエンドに保存されます。ただし、スナップショットはソースのボリュームに依存するため、この方法を用いることはできません。

Block Storage サービスは、整合性グループ の作成もサポートしており、ボリュームをグループ化して同時にスナップショットの作成ができます。これにより、複数のボリューム間のデータの整合性レベルを向上することができます。詳しくは、「整合性グループの設定と使用」を参照してください。

Object Storage サービスには、ビルトインのバックアップ機能はありません。したがって、すべてのバックアップはファイルシステムまたはノードレベルで行う必要があります。ただし、このサービスにはより強力な冗長機能とフォールトトレランスが備えられており、Object Storage サービスの最も基本的なデプロイメントでさえ、複数回オブジェクトを複製します。dm-multipath などのフェイルオーバー機能を使用して、冗長性を強化することができます。

Shared File Systems サービスには、ファイル共有向けのバックアップ機能は組み込まれていませんが、スナップショットを作成してクローンを作成したり、リストアしたりすることができます。