Menu Close

2.3.14. 利用可能なボリュームの移動

すべてのバックエンド間で利用可能なボリュームを移動できますが、パフォーマンスは使用するバックエンドにより異なります。多くのバックエンドは、アシスト付き移行をサポートします。バックエンドのアシスト付き移行のサポートについての詳細は、ベンダーにお問い合わせください。

アシスト付き移行は、ボリューム種別変更およびボリュームの移行の両方で機能します。アシスト付き移行により、バックエンドはソースバックエンドから移行先バックエンドへのデータの移動を最適化しますが、両方のバックエンドが同じベンダーから取得されている必要があります。

注記

Red Hat は、マルチプールバックエンドを使用する場合、または RBD などのシングルプールバックエンドに cinder の移行操作を使用する場合のみ、バックエンドアシスト付き移行をサポートしています。

2.3.14.1. 通常のボリューム移行

バックエンド間のアシスト付き移行ができない場合には、Block Storage サービスは通常のボリューム移行を実行します。

通常のボリューム移行では、Block Storage (cinder) サービスが移行元ボリュームからコントローラーノードに、およびコントローラーノードから移行先ボリュームにデータを移動する前に、両方のバックエンド上のボリュームを接続する必要があります。Block Storage サービスは、ソースおよび宛先のバックエンドのストレージの種類に関わらず、プロセスをシームレスに実行します。

重要

通常のボリューム移行を実行する前に、十分な帯域幅を確保してください。通常のボリューム移行にかかる時間は、ボリュームのサイズと直接比例するため、操作はアシスト付き移行よりも遅くなります。