Menu Close

3.3. Red Hat Enterprise Linux 用ストレージノードのインストールおよび設定

外部ストレージノードで Red Hat OpenStack Platform Object Storage サービス (swift) を使用するには、アカウント、コンテナー、およびオブジェクトサービスのプロセスを処理するストレージノードをインストールして設定する必要があります。この設定では、2 つのストレージノードを参照します。それぞれのノードには、空のローカルブロックストレージデバイスが 2 つ含まれます。

注記

Object Storage サービスの内部ネットワークは認証されません。セキュリティー上の理由から、Red Hat では、ストレージノードを専用のネットワークまたは VLAN 上に維持することを推奨します。

注記

手順ではデバイス名に /dev/sdb および /dev/sdc を使用していますが、実際の環境内の特定ノードの値に置き換えることができます。

3.3.1. ストレージデバイスの準備

ストレージノードに Object Storage サービスをインストールして設定する前に、ストレージデバイスの準備を行う必要があります。

注記

各ストレージノードでこれらのすべての手順を実施します。

手順

  1. 補助ユーティリティーパッケージをインストールします。

    # yum install xfsprogs rsync
  2. /dev/sdb および /dev/sdc デバイスを XFS としてフォーマットします。

    # mkfs.xfs /dev/sdb
    # mkfs.xfs /dev/sdc
  3. マウントポイントのディレクトリー構造を作成します。

    # mkdir -p /srv/node/sdb
    # mkdir -p /srv/node/sdc
  4. /etc/fstab ファイルを編集し、以下のデータを追加します。

    /dev/sdb /srv/node/sdb xfs defaults 0 2
    /dev/sdc /srv/node/sdc xfs defaults 0 2
  5. デバイスをマウントします。

    # mount /srv/node/sdb
    # mount /srv/node/sdc
  6. /etc/rsyncd.conf ファイルを作成または編集して、以下のデータを追加します。

    uid = swift
    gid = swift
    log file = /var/log/rsyncd.log
    pid file = /var/run/rsyncd.pid
    address = MANAGEMENT_INTERFACE_IP_ADDRESS
    
    [account]
    max connections = 2
    path = /srv/node/
    read only = False
    lock file = /var/lock/account.lock
    
    [container]
    max connections = 2
    path = /srv/node/
    read only = False
    lock file = /var/lock/container.lock
    
    [object]
    max connections = 2
    path = /srv/node/
    read only = False
    lock file = /var/lock/object.lock

    MANAGEMENT_INTERFACE_IP_ADDRESS は、ストレージノード上の管理ネットワークの IP アドレスに置き換えます。

  7. rsyncd サービスを開始し、さらにシステムのブート時に開始するように設定します。

    # systemctl enable rsyncd.service
    # systemctl start rsyncd.service