Menu Close

4.6. Shared File Systems サービスのデフォルトクォータの変更

気付かぬままにシステムリソースをすべて消費してしまうのを防ぐために、クラウド管理者はクォータを設定することができます。クォータとは、運用上の制限です。

4.6.1. クォータの一覧表示

クラウド管理者は、manila quote-show コマンドを使用して、プロジェクトまたはユーザーのクォータを一覧表示できます。オプションの --user パラメーターを指定すると、指定したプロジェクトでそのユーザーに設定されたクォータを表示することができます。このパラメーターを省略した場合には、指定したプロジェクトに設定されたクォータが表示されます。

クォータは、更新や削除が可能です。shares、snapshots、gigabytes、snapshot-gigabytes、share-networks、share_groups、share_group_snapshots、および share-type のクォータを更新することができます。

手順

  1. 使用方法に関する説明を表示するには、以下のコマンドを実行します。

    # manila help quota-show
    # manila help quota-update
    # manila help quota-delete