3.4. 基本的なコンテナー管理

擬似フォルダーは、オブジェクトを格納することができる論理デバイスで、入れ子が可能となっているので、整理がしやすくなります。たとえば、イメージを保管する Images フォルダーや、ビデオを保管する Media フォルダーなどを作成することができます。

各プロジェクトに 1 つまたは複数のコンテナーを作成することができます。また、各コンテナーには、1 つまたは複数のオブジェクトまたは擬似フォルダーを作成することができます。

3.4.1. コンテナーの作成

  1. Dashboard で プロジェクト > オブジェクトストア > コンテナー を選択します。
  2. コンテナーの作成 をクリックします。
  3. コンテナー名 を指定して、コンテナーアクセス フィールドで以下のいずれかのオプションを選択します。

    説明

    プライベート

    アクセスを現在のプロジェクトのユーザーに制限します。

    パブリック

    パブリックの URL を使用して API アクセスを全員に許可します。ただし、Dashboard では、プロジェクトユーザーには、他のプロジェクトのパブリックコンテナーおよびデータは表示されません。

  4. コンテナーの作成 をクリックします。

新しいコンテナーはデフォルトのストレージポリシーを使用します。複数のストレージポリシーが定義されている場合には (たとえば、デフォルトと Erasure Coding を有効にするポリシーなど)、コマンドラインからデフォルト以外のストレージポリシーを使用するようにコンテナーを設定することができます。そのためには、以下のコマンドを実行します。

# swift post -H "X-Storage-Policy:POLICY" CONTAINERNAME

各オプションについての説明は以下のとおりです。

  • POLICY は、コンテナーで使用するポリシーの名前またはエイリアスに置き換えます。
  • CONTAINERNAME は、コンテナーの名前に置き換えてください。

3.4.2. コンテナー用の擬似フォルダーの作成

  1. Dashboard で プロジェクト > オブジェクトストア > コンテナー を選択します。
  2. 擬似フォルダーを追加するコンテナーの名前をクリックします。
  3. 疑似フォルダーの作成 をクリックします。
  4. 疑似フォルダー名 フィールドに名前を指定し、作成 をクリックします。

3.4.3. コンテナーの削除

  1. Dashboard で プロジェクト > オブジェクトストア > コンテナー を選択します。
  2. コンテナー のセクションのリストを参照して全オブジェクトが削除済みであることを確認します (「オブジェクトの削除」を参照)。
  3. 対象のコンテナーの矢印メニューで コンテナーの削除 を選択します。
  4. コンテナーの削除 をクリックして、コンテナーを削除する操作を確定します。

3.4.4. オブジェクトのアップロード

実際のファイルをアップロードしない場合でも、オブジェクトは (プレースホルダーとして) 作成され、後でファイルをアップロードする際に使用することができます。

  1. Dashboard で プロジェクト > オブジェクトストア > コンテナー を選択します。
  2. アップロードしたオブジェクトの配置先となるコンテナーの名前をクリックします。そのコンテナーに擬似フォルダーがすでに存在している場合には、擬似フォルダーの名前をクリックすることもできます。
  3. ファイルをブラウズして オブジェクトのアップロード をクリックします。
  4. オブジェクト名 フィールドに名前を指定します。

    • 擬似フォルダーはスラッシュ (/) の記号を使用して指定することができます (例: Images/myImage.jpg)。指定したフォルダーがまだ存在していない場合には、オブジェクトのアップロード時に作成されます。
    • 名前がその場所で一意ではない場合 (オブジェクトがすでに存在している場合)、そのオブジェクトのコンテンツは上書きされます。
  5. オブジェクトのアップロード をクリックします。

3.4.5. オブジェクトのコピー

  1. Dashboard で プロジェクト > オブジェクトストア > コンテナー を選択します。
  2. オブジェクトのコンテナーまたはフォルダーの名前をクリックします (オブジェクトを表示します)。
  3. オブジェクトのアップロード をクリックします。
  4. コピーするファイルを参照し、矢印メニューで コピー を選択します。
  5. 以下の項目を設定します。

    フィールド説明

    宛先コンテナー

    新規プロジェクトの宛先コンテナー

    パス

    宛先コンテナーの擬似フォルダー。フォルダーが存在しない場合は、作成されます。

    宛先オブジェクト名

    新規オブジェクト名。その場所で一意ではない名前を使用した場合 (オブジェクトがすでに存在している場合)、そのオブジェクトの以前のコンテンツは上書きされます。

  6. オブジェクトのコピー をクリックします。

3.4.6. オブジェクトの削除

  1. Dashboard で プロジェクト > オブジェクトストア > コンテナー を選択します。
  2. リストを参照して対象のオブジェクトを特定し、矢印メニューで オブジェクトの削除 を選択します。
  3. オブジェクトの削除 をクリックして、オブジェクトを削除する操作を確定します。