Menu Close

1.2. アクセシビリティーと管理

ボリュームは、インスタンスによってのみ消費され、1 回に 1 つのインスタンスにしか接続できず、またそのインスタンス内にしかマウントできません。ボリュームのスナップショットを作成して、クローンを作成する際や以前の状態にボリュームをリストアする際に使用することができます (「冗長性および災害復旧」を参照)。Block Storage サービスでは、新規ボリュームを作成する際にこれらの設定を簡単に呼び出すことができるようにボリュームの各種設定 (例: サイズおよびバックエンド) をまとめた ボリューム種別 を作成することも可能です。これらの種別はさらに QoS スペックに関連付けて、ユーザー向けに異なるストレージ階層を作成することができます。

ファイル共有は、ボリュームと同様にインスタンスにより消費されます。しかし、ファイル共有の場合はインスタンス内に直接マウントすることができるので、ダッシュボードまたは CLI 経由で接続する必要がありません。ファイル共有は、同時に複数のインスタンスによりマウントすることができます。Shared File Systems サービスは、ファイル共有のスナップショットやクローン作成もサポートしており、(ボリューム種別と同様に) 設定をまとめた 共有種別 を作成することも可能です。

コンテナー内のオブジェクトは、API 経由でアクセスすることができ、クラウド内のインスタンスやサービスからアクセスすることができます。したがって、サービスのオブジェクトリポジトリーとして理想的です。たとえば、Image サービス (openstack-glance) は Object Storage サービスで管理するコンテナーにイメージを保存することができます。