Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.2. Service Telemetry Framework のアーキテクチャー

Service Telemetry Framework (STF)は、クライアント/サーバーアーキテクチャーを使用します。Red Hat OpenStack Platform ({OpenStackShort})はクライアントであり、Red Hat OpenShift Container Platform はサーバーです。

STF は、以下のコンポーネントで構成されます。

  • データ収集

    • collectd: インフラストラクチャーメトリクスおよびイベントを収集します。
    • Ceilometer: {OpenStackShort} メトリクスおよびイベントを収集します。
  • トランスポート

    • AMQ相互接続: AMQP 1.x互換のメッセージングバス。高速で信頼性の高いデータ転送を提供し、ストレージ用にメトリックをSTFに転送します。
    • Smart Gateway: AMQP 1.x バスからメトリクスおよびイベントを取得し、ElasticSearch または Prometheus に配信する Golang アプリケーション。
  • データストレージ

    • Prometheus: Smart Gateway から受信される STF メトリクスを保存する時系列データストレージ。
    • Elasticsearch: Smart Gateway から受信される STF イベントを保存するデータストレージ。
  • 観察

    • Alertmanager: Prometheus アラートルールを使用してアラートを管理するアラートツール。
    • Grafana: データのクエリー、視覚化、および管理に使用できる可視化アプリケーションおよび解析アプリケーション。

以下の表は、クライアントおよびサーバーコンポーネントのアプリケーションについて説明しています。

表1.1 STF のクライアントおよびサーバーコンポーネント

コンポーネントクライアントサーバー

AMQP 1.x と互換性のあるメッセージングバス

はい

はい

Smart Gateway

いいえ

はい

Prometheus

いいえ

はい

ElasticSearch

いいえ

はい

collectd

はい

いいえ

Ceilometer

はい

いいえ

重要

モニタリングプラットフォームがクラウドで動作する問題を報告できるようにするには、監視しているものと同じインフラストラクチャーに STF をインストールしないでください。

図1.1 Service Telemetry Framework アーキテクチャーの概要

Service Telemetry Framework アーキテクチャーの概要

collectd はクライアント側でプロジェクトデータがないインフラストラクチャーメトリクスを提供し、Ceilometer はプロジェクトまたはユーザーのワークロードに基づいて Red Hat OpenStack Platform ({OpenStackShort}) プラットフォームデータを提供します。Ceilometer と collectd は、AMQ Interconnect トランスポートを使用してメッセージバスを介してデータを提供し、データを Prometheus に渡します。サーバー側では、Smart Gateway と呼ばれる Golang アプリケーションがバスからデータストリームを取得し、Prometheus のローカル収集エンドポイントとして公開します。

イベントを収集して保存する予定の場合は、collectd および Ceilometer が AMQ Interconnect トランスポートを使用し、イベントデータをサーバー側に渡します。別の Smart Gateway がデータを ElasticSearch データストアに書き込みます。

サーバー側の STF 監視インフラストラクチャーは、以下のレイヤーで構成されます。

  • Service Telemetry Framework 1.3
  • Red Hat OpenShift Container Platform 4.6 から 4.7
  • インフラストラクチャープラットフォーム

図1.2 サーバー側の STF 監視インフラストラクチャー

サーバー側の STF 監視インフラストラクチャー